5.1chサラウンドとは

5.1chサラウンド

10月16日に百式の田口さん主催の「ハイビジョンサウンド会議 sponsored by NIRO」に参加してきました。
参加するにあたって、サラウンドについてほぼ何も知らなかったので、まず「5.1chサラウンド」について自習したメモをまとめておきます。

サラウンドとは、3つ以上のスピーカーで音声を出すもの

音声を出す方式として、1つのスピーカー(単チャンネル)で出す「モノラル」、2つのスピーカー(2チャンネル)で出す「ステレオ」という仕組みがあります。
モノラル・ステレオ
1カ所から音が出るモノラルに比べて、ステレオでは2カ所から音が出るため、左右への音の広がりを作り出すことができます。
モノラル・ステレオよりも多いスピーカーで音を出す仕組みを「サラウンド」といいます。
「5.1chサラウンド」というのは、正面・右前方・左前方・右後方・左後方・低音を出すためのサブウーファースピーカー、合計6つのスピーカーから音を出す仕組みです。

5.1chサラウンドシステム

サブウーファースピーカーの役目

サブウーファースピーカーは低温を出すためだけに使用されます。
通常のスピーカーは低音域の音を出す能力が弱い場合が多いため、低音だけを出すサブウーファースピーカーを使用することで、音響全体の迫力を増すことができます。
通常のチャンネルに比べて、低音域専用のチャンネルは情報量が少ないため、「0.1ch」と数えます。
さらに後方中央にもう一つスピーカーを設置した6.1ch、正面・前方左右・横左右・後方左右に設置する7.1chという、より多いチャンネルもあります。

5.1chサラウンドの目的は臨場感のある音響効果を再現するため

私たちは普段の生活において、前方だけでなく、前後左右、また上下も加えた「空間全体」から音を聞いています。
クラシックコンサートの演奏や、映画館での迫力ある音響効果などを、家庭でも再現できるようにするのが「5.1chサラウンド」です。
5.1chサラウンドシステムを設置することで、自宅にいながら映画館で観ているような迫力やコンサートホールで聴いているかのような臨場感、スタジアムで観戦しているような興奮を演出することができます。
5.1chサラウンドは、DVDだけでなく、PS3などのゲーム機に接続して楽しむこともできます。
映画が好きな方だけでなく、スポーツや音楽、ゲーム好きの方は、ぜひ一度、お店や体験スタジオで聴いてみてはいかがでしょうか。
5.1chスピーカーも揃えることでより臨場感のある音響で楽しむことができますよ。

1件のコメント

  1. ハイビジョンサウンド会議の感想まとめ【その2】

    さて「ハイビジョンサウンド会議の感想まとめ」の続き。参加者からさらに感想がアップされたので感謝を込めてコメント付で紹介してみます。 hiniclip:ヒ…

コメントは停止中です。