汚水を飲み水に変える魔法のボトル

先日放送されたTBS『がっちりマンデー』では、「ウォータービジネス」として、水にまつわるビジネス事例が紹介されていました。
放送にて「20世紀は石油の世紀。21世紀は水の世紀。」という言葉が出てきました。世界的人口増加、工業の発達に伴う環境汚染、地球温暖化などの影響で、今後「飲み水」の確保が難しくなっていくとのことです。
水不足で飲み水がなく、汚くて飲めない水しかないとき、簡単に水を浄化して飲める水にする技術が求められています。
Bottle makes dirty water drinkable』では、汚い水を飲める水にする魔法のボトルについて紹介されています。
このような技術で、汚水でも飲み水にできるようになるのは嬉しいことですが、それと一緒にできる限り水を汚さないようにすることも必要なことです。