CSS Nite LP, Disk 8 Session 3「ユーザー行動をセグメント化して、サイト改善 〜ユーザーの行動と気持ちに寄り添うセグメンテーション分析」とって出しレポート

「CSS Nite LP, Disk 8『Google Analyticsを使ったWebアクセスログ解析とサイトへの反映』」のとって出しレポートです。
メモ書きそのままの状態でアップいたしますので、内容に間違いなどがあった場合はその都度修正します。
3つ目のセッションは、アユダンテ株式会社 チーフ・ウェブアナリスト、アクセス解析イニシアチブの大内範行さんの「ユーザー行動をセグメント化して、サイト改善 〜ユーザーの行動と気持ちに寄り添うセグメンテーション分析」です。

ユーザー行動をセグメント化して、サイト改善
~ユーザーの行動と気持ちに寄り添うセグメンテーション分析

テーマは「セグメンテーション」。サイト訪問者をいい感じで分ける。
対象はウェブ製作者、ウェブマスター向け。サイトの向かう側の共有をする。

ポイント

  1. 自分の基準を持つ
  2. 芯を強くする
  3. ユーザーに寄り添う

+GA関連機能

自分の基準を持つ

現場ではインテリジェンスとかあまり使わない
サッカーショップKAMOの例
検索キーワード18万種類
以下のキーワードごとの直帰率は?

  • A. サッカーショップ加茂
  • B. サッカー用品
  • C. 日本代表ユニフォーム
  • D. メッシ

  • A. 10.72
  • B. 14.88
  • C. 25.67
  • D. 51.13

「直帰率を改善する」は正しいか?
その前に、なぜ1ページで帰るのか。
「メッシ」は「調べ物キーワード」。関連用語に身長、動画、画像、など。
「カスタム変数(旧 ユーザー定義)」を活用して、関連リンクの違いを調べる。
改善前・用語集→お手入れの仕方  624人で0円
改善後・用語集→商品一覧へ 184人で売上あり
調べ物コンテンツは長期の間接効果までみる(用語集、解説記事、企業ブログ、CSR活動など)
→99%が用語集で認知、4割が来店、買う率は25%
キーワードをグループに分ける

  • ブランド指名買い 購買率が高い(目的実行) サッカーショップ加茂、KAMO ショップ、加茂 新宿店
  • 潜在顧客 新規が多い(比較検討) サッカー用品、サッカーボール、日本代表ユニフォーム
  • 調べ物 直帰率が高い(問題解決) メッシ、浦和レッズ、サッカーシューズ 手入れ
  • ブランド 目的のすばやい達成 トップページの改善 1位
  • 潜在顧客 比較優位性をしっかり示す LPO 2 – 10位
  • 調べ物  課題の解決  関連性の強化  検索順位よりも内容

訪問者としっかり向き合う

2. 芯を強くする

WWFジャパンの例
入り口ページ 3618種類
検索キーワード 4000ページ
会員登録・寄付・資料請求
ネット経由の寄付が半分
申し込みプロセスは外部ASP
アクセス解析の難しさ → 広すぎてわからない
アクセス解析の目標 PV2倍→施策すべきあいまいになりがちで大変
グループワークショップでアクセス解析
ゴールに近づいた人でセグメント、ゴール手前でセグメント
「太い幹を解析せよ」
「ゴールまでのプロセス」を考える。
離脱率はそのページから離れた人なのであまり使わない。未到達率から改善点を見つける。
ゴール手間でユーザーの背中を押す。
施策例)テキストばっかりのページにキャッチコピーや写真画像を挿入する。
サイトの芯が強くなると、

  • 検討から決定までが短期間
  • 他部門、社内の調整がスムーズ
  • 担当者が自信を持って進める

行動分析 入り口ページ キーワード

紅葉館 きらくや の例
キーワード別のセグメント
「紅葉館 きらくや」そのまま
「磐梯熱海」→「磐梯熱海」で「きらくや・紅葉館」を含まない
「きらくや」→完全一致
紅葉館きらくや→平均PV 7.81 新規64%
磐梯熱海 →滞在時間 3:29(短い)
きらくや →新規 34%(リピーター多し)
仮説は違うことはよくあります。私(大内さん)もアクセス解析10年やってますが、仮説は間違えます。あたるのはイチローの打率くらいです。でも、仮説は間違っていていいんです。
アクセス解析で立てた仮説が間違っていることは多い。一つ一つの過程を検証し直していくこと大切である。
自分のサイトの指標と言葉で
「きらくや」 – リピーター・少ない手順 お得意様へのメリット・より少ない手順 滞在時間 到達ページ数
「磐梯熱海」 – 新規潜在顧客・比較優位性 強みの訴求・旅館の独自性 到達ページURL/到達ページ数
「紅葉館 きらくや」 – トラベルサイト 最後の一押し 食事、温泉の見せ方、直接予約割引 到達ページ
目標達成=コンバージョン

関連機能について

配布PDF参照
ユーザー行動をセグメント化して改善するための10の関連ワザ(PDF形式・)

  • トップページの改善
  • ユーザーのクリックを徹底的に分析
  • どこをクリック?
  • 買い物に影響した?
  • セグメントに分ける。

思いを共有すると速く進む
他部門・社内調整も自信をもって
チームが成長する
リスクの高いリニューアル < ほどよいPDCAの積み重ね
PDCAを回せる人は実際には少ない
PDCAを楽しめたのは、僕にとってすごい財産
ひとりよがりではなく、チームで進むことが大事
(サッカーショップ加茂のスタッフさんの話)
アクセス解析で人と企業は成長できる
実際に解析を行われたサイトのデータをもとに非常にわかりやすいセッションでした。
▼できる100ワザ Google Analytics 増補改訂版
できる100ワザ Google Analytics 増補改訂版

コメント

  1. CSS Nite LP, Disk 8が終了しました

    2010年1月9日、ベルサール神田にてCSS Nite LP, Disk 8「G…

  2. アクセス解析に王道はある。でもPDCAするのはアナタ自身だ!「CSS nite LP8」

    サイトのアクセス解析に無料で使えるGoogle Analytics(グーグル・アナリティクス、以下GA)に関するセッションばかりを集めた、「CSS nite LP8」に行ってきました。 1.私の参加目的とサマリー 普段からGAは使っていますが、今回のセッションを通して2つの目的で行ってきました。   1.1.いかに手間をかけずに数字をトラックするか これは前半の小杉さん、衣袋さん、および大内さんのセッションが役に立ちました。自分が見たい統計を一度作ったら、マイレポートに登録しておけば、いつ…