“権威” となれ — CSS Nite LP, Disk 29「SEO 2013」に参加してきました。 #cssnitelp29

CSS Nite LP, Disk 29「SEO 2013」

2013年9月21日に開催された
CSS Nite LP, Disk 29「SEO 2013」』に参加してきました。

「SEO」というテーマでしたが、セッション全体を通して、
細かなテクニックに関する話はほとんどなく、
サイト全体の構築、運用に関わる内容が多かったです。

その中でも「SEOとは」、「SEOの定義」という
基本中の基本について、改めて認識を強めさせられました。

SEOとは

数年前であれば、「検索順位を上げるためには…」という
小手先テクニックの話題があふれていましたが、
ここ最近はめっきり見なくなりました。

登壇された住太陽さん、鈴木謙一さんが、「SEOの定義」について、
ほぼ同じように定義されていたのが印象的でした。

 
—住太陽さんのセッションより

検索(質問)している人に、答え(役立つコンテンツ)を提供すること。それによって自社が検索者にとって役立つ会社であることを示していく。これを続けることで、検索者(質問
者)との関係を構築していく試み。

検索とは質問であり、コンテンツは答え。

訪問者が抱えている課題や問題、悩みや不安。それにプロとして答えていくのがコンテンツの基本。

 
—鈴木謙一さんのセッションより

ユーザーの役に立つコンテンツ(惹きつけるコンテンツ)を作成し、それを検索エンジンに的確に理解してもらい(クロール、インデックス)、検索結果で魅力的に表示して
 検索ユーザーにクリックしてもらい(ランキング、卓越性)、訪問したユーザーを満足させること

 
数年前から「王道」として、定義されていたことなのですが、
2人揃って、同じように「定義」について語られた、ということは、
今、改めて「SEOの定義」を認識する事が重要だということでしょう。

その分野における権威となれ

SEOmoz が発表した120人の先進的な検索マーケッターたちに、
80以上の要因に対する専門家としての意見を集約した記事
検索エンジンが順位を決定する要因ランキング2013年版 | Web担当者Forum』では、
検索結果の順位と相関性が高い要因の上位は、ほぼ「外部リンク」に
関することで占められています。

しかし、プログラムや片手間で安易に作ったサイトからのリンク、
同じ記事を無料ブログで量産したものからのリンクなど、
質の低いサイトからのリンクは、もはや評価されなくなっています。

 
その中で、もっとも相関性が高い項目としてあげられているのが、
「ページオーソリティ」というものです。

「ページオーソリティ」とは、権威性、つまり記事の質が高く、
信頼性が高いと評価されている度合いです。

特定の分野における世界的な著名人、第一人者、専門家はは
制作するコンテンツ、提供するコンテンツの分野において、
「権威」として一般の人の記事よりも有用だと認識します。

今後、私たちもこの「ページオーソリティ」を上げていくよう、
サイト制作、ブログ運営を行っていかなければなりません。

 
では、どのようにしたら「ページオーソリティ」は上がるのか。

その答えは、先の住さん、鈴木さんが定義された
「SEOの定義」にあります。

検索してきた人に答えを提供し続け、信頼を高め、
ユーザーとの関係を構築し続けること。

ユーザーの満足するコンテンツを提供し、
検索エンジンに的確に伝えて、魅力的に表示してもらい、
訪れたユーザーに満足してもらい続けること。

これを行い続けるしかありません。

日本におけるSEOの第一人者である住さんと、
名前にも「けんい」が入っている、鈴木謙一さんが
揃っておっしゃられている事なので、間違いないことです。

 
“「権威」は一日にして成らず”

毎日、こつこつと、サイト、ブログに訪れる人に、
役立つコンテンツを提供し続けていきましょう。

 
現場のプロがやさしく書いた Webサイト運営・プロデュースの教科書
現場のプロがやさしく書いた Webサイト運営・プロデュースの教科書

Pocket
LINEで送る