「インタレストマッチと広告の未来」ブロガーミーティングに参加してきました

もう1週間も前のことになってしまいましたが、アジャイルメディアネットワーク(AMN)主催のブロガーミーティング「インタレストマッチと広告の未来」に参加してきました。
今年の秋から提供が開始されるオーバーチュア社のサービス「インタレストマッチ」と、Yahoo!グループが運営する「アドパートナー」について話を伺ってきました。
当日のイベントの詳細は『「インタレストマッチと広告の未来」 ブロガーミーティングにご参加頂き、ありがとうございました』にて、読んでいただくことができます。

「インタレストマッチ」でよりターゲットに広告が届くようになる?

インタレストマッチは、ユーザーの過去のサイト参照履歴をもとに最適な広告を表示させるサービス、とのこと。また、地域、性別、年代、時間帯などで細かいターゲティング機能もある。
ユーザーの行動履歴がベースになっているため「プライバシー」に関する質問も当然のように出ていました。もちろん法的には「問題なし」というところでは進められています。
この手のサービスはユーザーが「私にピッタリの広告が出てきてスゴイ!」と思うか、「なんだか監視されているようでキモチワルイ…..」と感じるか大きく分かれるところです。いざリリースの際にユーザーがどのように感じるか、ユーザーの不安をどれだけ少なくできるかがポイントの一つでしょう。

「アドパートナー」は「Google AdSense がライバル!」

アドパートナー」は、ブログに広告枠を貼り付けて、広告がクリックされることで報酬が入る Google AdSense と同じようなサービスです。
担当者も「Google AdSense がライバルです」と仰られていました。
「インタレストマッチ」サービス開始後は、それらの広告も表示されるようになるとのことです。
Google AdSense を使用していてのちょっとイヤな点として『ブロガーの望まない広告、信頼性を損なうのではないか?と思われる広告が表示される』というところです。
その点については「Overture の広告審査基準に沿っているので、基準を満たさない広告は表示されない」との回答でした。
広告枠を提供するブロガーにとって、「コンテンツに適した広告」が表示されるだけでなく、「信頼できる広告」が表示されるようになって欲しい、という希望があるはずなので、その点がしっかり管理されていれば、よりクリック率の良い広告として活用できるかもしれません。

グループワークにて、スゴイメンバーとお話できた

後半は「アドパートナーを掲載してくれるブロガーを増やすにはどうしたら良いか?」というお題での個人ワーク・グループワークでした。
私の入ったグループには、「近江商人JINBLOG」の上原さん、「29man」の渡辺さん、「Pickles weblog」のタナカミノルさん、というスゴイ方々の集まったテーブルでした。
交わされる話も視点が広く、高いところからの意見が多く、企画の仕方についてとても勉強になりました。
グループワークの発表で、私たちのグループが優秀賞をいただき(私は何もしてませんが……)、賞品もいただきました!みなさん、ありがとうございます。
懇親会でもいろんな方とご挨拶、お話させていただきました。
その際に伺ったのが、現在のオーバーチュアの管理画面と、インタレストマッチの管理画面は別になるとのこと。広告を出稿する側からすれば一元管理できたほうが良い気がするのですが、「あえて分けたんですよ」ということなので、そちらの方が管理しやすくなるようにされるのでしょう。
また、(セールストークだとは重々承知の上で)「早い段階から利用されたほうが、履歴データとしても蓄積されるので有利ですよ」ともお話されていました。
今回の「インタレストマッチ」を含め、行動ターゲティング広告は今後の主流の一つになることは間違いないでしょうから、早い段階から取り組み、最適な広告出稿の方法を見極めていきましょう。