J2 第3節 ファジアーノ岡山 対 ロアッソ熊本


もう先週のことになりますが、3月21日にロアッソ熊本は岡山の kanko スタジアムでファジアーノ岡山と対戦し、0 – 0で引き分けました。


昨季、ファジアーノとの対戦成績は1勝1敗1分けの互角。
高木監督も「似た者同士で均衡した試合になる」と話されており、お互いゴールを割ることはできませんでした。
ただ、ロアッソとしては今季初の無失点で、かつアウェーで勝ち点1を得られたので、良かったです。
第4節は3月27日に、ホーム KKWING でFC岐阜との対戦です。

 熊本は前線にFW井畑翔太郎とMF松橋章太を縦に並べ、右MFに今季初先発の山内祐一を置く4・5・1の布陣。立ち上がりはリズムに乗った攻撃を見せ、前半10分、DF市村篤司の右クロスを井畑が頭で合わせたが、相手GKに惜しくも阻まれた。

 その後は素早いカウンター攻撃主体の岡山と一進一退。熊本は後半途中からMFの西弘則、藤田俊哉、西森正明を次々に投入して攻勢に出たが、ゴールを割れなかった。

岡山とドロー 今期初の無失点 │ がんばれロアッソ熊本!』より

 熊本は攻めきれない状況が続いて岡山とスコアレスドロー。それでも高木監督は収穫を口にした。「選手は最後まで走り抜いた。次につながる試合をしてくれた」。特に評価を与えたのは今季初めて無失点だった守備。「攻めている時もマネジメントし、1対1も粘り強くなった証拠。少しずつ成長を感じるシーンがあって良かった」

ロアッソ熊本 高木監督 無失点に手応え / 西スポ・西日本新聞スポーツ』より

Q:前節の仕合後に、課題として挙げられていた「主導権」、「自分たちのサッカー」についてはいかがですか。
「これまでの2戦よりは、ボールはつなぐことが出来ていたし、多くの時間帯ではありませんが、やって欲しいいことも表現していたところもあるので、もっと根気強くやっていきたいと思います」

J’s GOAL | J’sGOALニュース | 【J2:第3節 岡山 vs 熊本】高木琢也監督(熊本)記者会見コメント』より

▼ロアッソ熊本レプリカシャツ
ロアッソ熊本レプリカシャツ

Pocket
LINEで送る