Twitter でラジオ番組にリクエストができる時代

Twitterでラジオにリクエスト

私はいつも仕事しながら、ラジオのJ-WAVEをよく聞いています。
平日のお昼に放送している「M+ (music plus)」を聞いていると、「Twitter からリクエストを受け付けました~」と聴こえてきました。
そこで「Twitter でもリクエストできるのかな?」とつぶやいた所、番組のパーソナリティを務められている「DJ TARO( @DJ_TARO )」さんから上のような回答をいただきました。
番組として公式に「Twitterからリクエストを受け付けている」ということではないのかもしれませんが、とりあえずは「TwitterからリクエストOK」ということで驚きました。
しかも、そのことを、パーソナリティ本人から返信(Reply)で伝えられたのにも、驚きました。

ラジオと「Twitter」の組み合わせは増える?

「M+ (music plus)」では DJ TARO さんのアカウントだけでなく、番組公式のアカウント( @music_plus )も開設されています。
他にも、TOKYO FM( @tokyofm )や、FMKエフエム・クマモト( @fmkumamoto )などが公式アカウントを開設されています。
番組で「Twitter」を取り上げる所も増えています。11月22日にTBSラジオ「文化系トークラジオ Life」において、「Twitterはじめました」というテーマで2時間半放送され、番組専用ハッシュタグがついた投稿が盛り上がっていました。

ラジオへのリクエストや投稿の仕方が「ハガキ」に「FAX」が加わり、インターネットの登場から「メール」が主流となり、そして今「Twitter」が試されようとしているのかもしれません。
Twitterから番組にリクエストをするだけでなく、ラジオ番組を聞きながらつぶやき、時にパーソナリティを交えながら議論されていく。
Twitterの「ゆるいつながり」がラジオのパーソナリティとリスナー、そしてリスナー同士を結びつけるツールとして、新たなコミュニケーションの形を生んでいくのかもしれません。
[追記]すでにニッポン放送で Twitter を活用したコーナーも始まっているそうです。
» ニッポン放送で「Twitter大喜利」
▼Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流
Twitter社会論