2010年 J2 第22節 ジェフユナイテッド千葉 対 ロアッソ熊本


ロアッソ熊本のJ2・2010年シーズン第22節。フクダ電子アリーナ(フクアリ)にて、ジェフユナイテッド千葉との対戦。
ジェフは今年の開幕戦でのロスタイム、DF市村選手のゴールで同点とし、前半戦の勢いをつけた相手。
ジェフは勝点36で3位。ロアッソは勝点31で6位。後半戦、上位争いを演じていくためにも、負けられない一戦でした。

不運な2失点も、試合内容は完敗

試合は終止ジェフペース。ピッチを広く使い、ボールを支配し、次から次へとロアッソゴールに攻めてきます。
それでもロアッソのDF陣が食い止め、前半を 0 – 0 で折り返します。
攻めに転じたい後半の立ち上がり7分。ジェフ選手が中央からペナルティエリアに侵入してきた所を、GK南選手が倒してPKの判定。これを決められ 1 – 0。
その後、MF西、MF藤田、横浜FCから移籍してきたDF片山を投入し、なんとか攻めようとするも流れは変わらず、なかなかフィニッシュまで持っていけない。
すると後半43分。ジェフのフリーキックをクリアした所、味方選手に当たって不運なオウンゴール。
そのまま試合終了となり、2 – 0 と痛い敗戦となりました。
2失点はともに不運な形でしたが、試合内容としては完敗でした。
ジェフのディフェンスの前にロアッソはなかなかボールを前に運べない。セカンドボールも相手にほぼ拾われ、攻めは単発で終わり、守りが続く展開。
そして、この日フクアリに詰めかけた1万人近くの黄色いジェフサポーターの迫力が、スタジアムを支配していました。

今後J1昇格、そしてJ1で戦って行くために

今節ジェフという永くJ1で戦い、今年1年でJ1復帰を目指すチームとアウェイで試合を行い、今後のロアッソに必要なものが見えてきたと思います。
J1で戦うための戦力やゲームの進め方。チームを作るフロント。そして選手たちを鼓舞するサポーターの力。まだまだロアッソに足りないものがたくさんあるように感じました。
それらは今日、明日どうにかなるものではありません。チームとして「2013年までにJ1昇格」という目標があるので、そこに向けて着実に一歩ずつ進んで行きたいものです。
柏レイソル、ジェフユナイテッド千葉というJ2の中でも頭1つ力が抜けているこの2チームとの対戦を通じて、いろんな物を学び取り、チーム作りに活かしていって欲しいものです。
次節第23節は8月22日(日)にホーム KKWING にて、東京ヴェルディを迎えての対戦です。
今年初勝利を得た相手ですが、現在好調で順位も上なのであなどれません。
ホームでも勝点3を得るべく、期待しましょう。
» J2 ロアッソ熊本 関連チケット
▼ロアッソ熊本レプリカシャツ
ロアッソ熊本レプリカシャツ