「きたなシュラン」2010年1月21日放送版

「とんねるずのみなさんのおかげでした」の人気コーナー『KITANACHELIN(きたなシュラン)』
2010年1月21日に紹介されたきたないけど美味い店。今回は福岡・博多編です。

2010年1月21日の『KITANACHELIN(きたなシュラン) 』で紹介されたお店

「KENZO cafe」(ケンゾーカフェ)

中洲の屋台名物の焼きラーメン。中でもこの「KENZO cafe」は歌手の藤井フミヤさんや博多華丸・大吉さんが訪れることでも有名。油まみれになった藤井フミヤさんの写真が飾ってある。
オススメはもちろん「焼ラーメン」(700円)と「もつラーメン」(700円)。
「焼ラーメン」は、こだわりの細麺と豚肉、野菜を炒め、隠し味に豚骨スープを入れて焼き、その上に生卵とベビースターを乗せたもの。
「もつラーメン」は秘伝のとんこつスープと、新鮮なモツを使ったラーメン。最近、博多で人気が上がっているそう。
【評価】★★★

屋台 KENZO cafe(ヤタイケンゾーカフェ)
住所:福岡県福岡市博多区上川端2-16
   地下鉄中洲川端駅 徒歩5分
   櫛田神社のすぐ近く かろのうろん4件隣
営業時間:11:30〜14:30 / 18:00〜24:00(日曜定休)

» KENZO Cafe @ 福岡市博多区上川端町 〜 九州らーめん紀行
» たけひこのラーメン全国食べ歩き:KENZO CAFE@中洲川端

「玄風館」(げんぷうかん)

創業53年の有名焼肉店。福岡ソフトバンクホークス前監督の王貞治さんや EXILE(エグザイル)、曙、コロッケなど角界の有名人も多く訪れる名店。
すべてのメニューが辛いのだが、この辛さを味わわないと「博多っ子じゃない」と言われてしまうほど。ちなみに店内にメニューなく、おまかせとなる。
オススメは「死に辛」(900円〜)と「テールスープ」(800円)
「死に辛」は辛さが名物の焼肉。秘伝の辛みそだれに、ホルモン・カルビ・ミノを漬けたもの。この辛さを体験しないと、テールスープは食べられないというお店のルールがある。
焼肉を食べ、最後に出てくるのが玄風館名物の絶品「テールスープ」。24時間煮込んでおり、テールも野菜も溶け込んでコラーゲンのようになっています。
【評価】★★★

玄風館 千代店 (げんぷうかん)
住所:福岡県福岡市博多区千代 3-48-9
営業時間:10:30〜23:30(水曜定休)
公式サイト:http://www.genpukan.com/index2.html

» 福岡を食べ歩く: 玄風館 千代店【博多】
次回はどんなきたないけど美味しいお店が紹介されるでしょうか。
▼ミシュランガイド東京 2010 日本語版 (MICHELIN GUIDE TOKYO 2010 Japanese)
ミシュランガイド東京 2010 日本語版 (MICHELIN GUIDE TOKYO 2010 Japanese)

「KITANACHELIN(きたなシュラン)」掲載店舗

Pocket
LINEで送る