読んだ本を売って、途上国に図書館を作ろう。 – 「ブックオフ」と「ルーム・トゥ・リード」の提携

Twitter でフォローしている NAKANOさんの発言 で、ブックオフコーポレーションとルーム・トゥ・リード(Room to Read)が提携していたことを知りました。
古本で教育NGOに寄付 – ブックオフとルーム・トゥ・リードが提携 – 町田経済新聞』より

ブックオフコーポレーション(相模原市古淵2、TEL 042-769-1511)と「Room to Read(ルーム・トゥ・リード)」(本部=アメリカ)は5月26日より、「宅本便」を使うことでルーム・トゥ・リードへの賛同者が同組織に寄付できるサービスを開始した。


「Room to Read」とは、元 Microsoft 社のエグゼクティブとして務められていましたが、途上国の子供に生涯の教育という贈り物を届け貧困のサイクルを断ち切るため、1999年の年末に「ルーム・トゥ・リード(Room to Read: 「本を読む部屋」の意 )」を設立。
ネパール、インド、スリランカ、カンボジア、ラオス、ベトナム、南アフリカなどで活動され、現在までに学校442校、5167カ所の図書館を開設し、170万人の子どもたちを支援されています。
2007年9月に出版されたマイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった』は、日本に「社会起業」という言葉を広く認知させることになった素晴らしい1冊です。
この提携により、読み終わった本を「ブックオフ」を通じて寄付することができるようになりました。
» ブックオフを使った寄付 – Room to Read
ブックオフのフリーダイヤルに連絡し、「ルーム・トゥ・リードに寄付したいのですが」と伝え、贈与等承諾書を記入して、読み終わった本を届けることで、本が寄付金としてルーム・トゥ・リードに送られ、世界の途上国の学校・図書館建設などに役立てられます。
読み終わった本を古本屋で売り、新しい本を買いなおすのも良いですが、これを機にブックオフを通じて途上国に本を寄付してみてはいかがでしょうか。
私も読み終わった本が溜まってきたので、寄付してみようと思います。

Pocket
LINEで送る