J2 第4節 ロアッソ熊本 対 FC岐阜


3月27日、ロアッソ熊本はホーム KKWING に FC岐阜を迎えての対戦となりました。
ホーム初戦は昇格候補のジェフ千葉との対戦で、劇的なドローに持ち込んだだけに、この試合でホーム初勝利を期待していました。


試合は前半ロスタイムの47分、MF西弘則選手が相手DFのパスを前線でカットし、そのまま持ち込んでゴールを決めてくれました。
後半も優位に試合を進め、追加点は奪えませんでしたが、1 – 0で勝利し、ホーム初勝利を上げました。
2試合連続の無失点。そして3月の4試合で2勝2分けの無敗、と絶好調の出だしです。
長丁場のリーグ戦はまだまだ始まったばかりですが、この勢いをつづけて、上位進出を狙って行きましょう。
第5節は4月3日に正田醤油スタジアム群馬にて、ザスパ草津と対戦します。

 熊本は2試合ぶり先発出場の西を攻撃的MFに入れた4・5・1の布陣。立ち上がりから岐阜と互角の展開だったが、前半ロスタイムに相手DFの横パスをさらった西がドリブルでゴール前に切れ込んで左足で先制点を奪った。

 後半は熊本が攻守とも主導権を握り、攻撃的MF松橋章太のミドルシュートなどで相手ゴールを脅かした。

ホーム初白星 岐阜に1?0 3月無敗 │ がんばれロアッソ熊本!』より

 開幕から4戦連続負けなし。開幕3連勝した徳島と横浜FCに続き、台風の目になろうとしている。「あくまでも、これがベース。まだボールを奪ってもカウンターでパスがつながっていない。もっとステップアップしないといけない」と高木監督。堅守に加えて速攻も磨き、J2戦線をかき回す。

ロアッソ熊本 無敗で3位浮上 2戦連続完封!!本拠地初勝利 / 西スポ・西日本新聞スポーツ』より

Q:今日のゲームで課題を挙げるとするとどういう点でしょうか?
「2つあります。1つは、先ほども話しましたがアタッキングサードに入った時の質ですよね。コンビネーションももっと出てくるといいなと。もうひとつは、いいところでボールを奪っているにも関わらず、なかなかハーフカウンターやカウンターで前にボールが運べないという部分で、ちょっともったいないところがあります。そういったところは改善しないといけないかなと思います」

J’s GOAL | J’sGOALニュース | 【J2:第4節 熊本 vs 岐阜】高木琢也監督(熊本)記者会見コメント』より

Q:今日監督が締めている赤いネクタイはこれまで見かけませんでしたが、違う意気込みがあったんでしょうか?
「本当はこの色じゃなかったんですが、僕の気持ちの表れで途中からこの色に変わっていました(笑)。それは違いますが(笑)、クラブから渡されたものです。あのー、サンプルらしいです(笑)」

J’s GOAL | J’sGOALニュース | 【J2:第4節 熊本 vs 岐阜】高木琢也監督(熊本)記者会見コメント』より

●西弘則選手(熊本):
「うまくさらえて、GKを見て決められました。ホームで勝つのはやっぱりいいので、次も勝てるように頑張りたい。守備はできている場面はあったけど、攻撃がまだ単調になるところがあるので、もっとパスで崩す事ができれば、余裕も出て来ると思う。個人的には後半に運動量が落ちるとボールを受ける回数も減るので、そこで運動量を落とさないで受けるようにするのが課題だと思います」

J’s GOAL | J’sGOALニュース | 【J2:第4節 熊本 vs 岐阜】試合終了後の各選手コメント』より

▼ロアッソ熊本レプリカシャツ
ロアッソ熊本レプリカシャツ