夢をかなえるゾウ


『ウケる技術』やDVD『温厚な上司の怒らせ方』などもヒットしている水野敬也さんの新刊『夢をかなえるゾウ』を読みました。
自分を変えたいと思いながらも変えられない平凡なサラリーマンの前に突然現れたのは、インドの神様「ガネーシャ」。でも、主人公の家に住み着いてはぐうたらと食っちゃ寝してばかり。本当に信用できるのか!?
しかし、ガネーシャはこう言います。『今から自分が出す簡単な課題さえこなしていけば、お前は確実に成功する――。』と。
ガネーシャのどうしようもない振る舞いに耐え、出される課題を嫌々ながらも一つ一つこなしていくことを通じて、主人公は変わっていきます。
内容は自己啓発なのですが『笑えてためになる』という面が強く、あえて小説という分野に位置する書籍だと思いました。そして、これまで買って読んできた自己啓発関係の書籍を全て手放そうと決めました。
この一冊の本に、様々な自己啓発書で書かれていることがまとめられています。また、その一つ一つが面白く、深く、通常とは違った角度で書かれています。
この本に書かれていることも「実行」しなければ意味がありません。ただ、この本に紹介されている方法はどれもすぐに実行可能で、主人公と同じ感覚を得られやすいものばかりです。
これまで読んだ自己啓発書の中には、これほど楽しんで読むことができ、すぐに行動したくなるものはなかったと思います。
「自己啓発書を読むなんて、こっ恥ずかしい」とお思いの方にとって、この本なら気軽に読めるので非常にオススメです。
まずはこの本を手にとって、ガネーシャとサラリーマンの漫才を楽しんでください。

とりあえず、テレビのコンセントを抜いてみよう

先日「テレビやインターネットなどとの付き合い方」という感じの記事を書いたけど、ちょうど似たようなネタがありました。
【2ch】ニュース速報アワーズ:もうテレビを捨てませんか
記事の中で紹介されている下記のサイトは、マスコミの情報の伝え方についてわかりやすくまとめられています。
ポチは見た!?マスコミの嘘と裏?
元記事で展開されているようにテレビだけでなく、インターネットもはまり過ぎるとダメになる、という内容に同意できます。
情報を鵜呑みにせず、自分なりに解釈するようにする。
また、自分にとって不必要な情報源については遮断する。
さすがに「テレビを捨てる」のは難しい面もありますが、「コンセントを抜く」ということだけでも効果があると思います。
ちょうど今読んでいる書籍にて、この方法が取り上げられていました。読み終わったら記事にします。

働きマン (4)

働きマン (4)
週刊モーニングで連載されている『働きマン』の第4巻を買いました。第4巻では主人公・松方弘子が「事件」に配置換えとなります。
コミックを読み直して改めて心に残ったセリフとして、『週刊誌は嫌われてナンボ』というものがありました。
週刊誌だけでなく、スポーツ紙やテレビのワイドショーなどにおいても、刺激が強く、読者や視聴者の感情を高ぶらせるように、出来事を構成し、脚色を加えて、伝えているのでしょう。
週刊誌やスポーツ紙は売上、テレビは視聴率が上がることによって広告も入り、会社として売上が上がるので、より一層、読者や視聴者の目をひくような記事を集め、煽り立てます。
週刊誌やワイドショー、スポーツ紙はそのように作られているんだ、ということを踏まえて、見出しや内容を鵜呑みにして感情的にならないよう、冷静に観なければなりません。

Movable Type 4 のテキストフォーマットを、とりあえず「改行を変換」にした。

ブログの機能というのは素晴らしいもので、メールを打つように記事を書いても、改行や空白行にあわせてHTMLタグが記述されます。
Movable Type 4 にバージョンアップして、MT3までの「改行を変換」と「なし」に加え、「Markdown」、「Markdown + SmartyPants」、「リッチテキスト」の3つが追加されました。
これは「WYSIWYG エディタ」と呼ばれるものだそうです。
「WYSIWYG」とは「What You See Is What You Get」の略で、「あなたが見ているものと同じものが実際に作成されます」ということだそうだ。MT3までは、文字を太字にしたり、色をつけたりするタグを記述しても、記事を保存して実際にページを見るまでは確認できなかったので、便利な機能です。
ただ、MT3までの機能に慣れている人にとっては使いづらく感じる面もあり、動作も遅くなりがちです。
私はとりあえず、「改行を変換」に設定しました。
新規作成するブログ記事のテキストフォーマットの設定は、「設定→ブログの設定」の「ブログ記事」にある「新しく作成するブログ記事の初期値」→「テキストフォーマット」から設定できます。
その他のテキストフォーマットについては、Six Apart 内の下記ページにて説明されています。
Six Apart – 技術情報提供ブログ: ブログ記事の書き方もお好みで
ただ、元となっている機能の説明が英語なので、日本語訳のページが欲しいところです。探してみたいと思います。

Movable Type 4 のアーカイブマッピング

この「ALPHA LABEL」は私個人のブログであるとともに、Movable Type 4でのいろんなテストができたらいいな、と考えているブログです。
今まで「Movable Type 3.x」を使用していましたが、「Movable Type 4」にメジャーバージョンアップしたことにより、インターフェースの部分など大きな改良点がたくさんあります。
一般的には「そんなことも知らないの!?」と言われてしまいそうなことでも、記録していきたいと思います。
まず、「Movable Type 4(MT4) のアーカイブマッピング」について。
Movable Type 3.x までは、「ブログの設定」にて行っていましたが、MT4では「デザイン→テンプレート」の「アーカイブテンプレート」にある「ブログ記事」にて設定します。
私はカテゴリーを設定し、記事ごとに設定しますので、「category/sub_category/entry_basename.html」を選択しました。
MT4を仕事で使っていくために、知っておくべき変更点は多そうです。使用できるタグも相当増えているようですので、その都度、発信していきたいと思います。

テレビとインターネットのノイズを止めよう

長い間、人々の娯楽の王様であったテレビ。
ニュースでは政治や経済についてわかりやすく解説し、映画や歌番組ではきれいでかっこいい俳優や歌手が華やかなショーを披露し、バラエティでは面白いタレントが笑いを与え、人々の話題の中心であった。
「テレビが低俗化している」といわれるようになって久しい。
バラエティでは毎日同じタレントが同じネタを繰り返しては身内だけで笑い、ニュースも政治家の揚げ足をとって貶め、ごく一部での現象を日本全体の社会問題に煽り立てる。
情報番組も広告費を出してくれるスポンサーの以降で作られていて、聞こえのいい部分だけが飾り立てられ、都合の悪い部分は隠される。
すでにテレビは私たちにとって本当に必要で、ためになる情報を提供してくれるメディアではなくなっているのだろう。
インターネットは、テレビのように一方的に情報が与えられるのとは異なり、自分が欲しい情報だけを集めることができるメディアであるといわれる。また、情報を提供している人に対して直接連絡を取ったり、私たち自ら情報を発信して他の人と交流することができるメディアでもある。
インターネットの普及によってテレビなどの既存メディアは衰退し、人々が欲しい情報を欲しいときに得られる環境が整うといわれているが、今のところ、相変わらずテレビの影響力は強い。
また、インターネットも利用者にあわせて提供する情報を調整することで、利用者の興味のある情報のどんどん提供している。
しかし、私たちの生活に必要な情報だけが得られているかと問われると、明らかに不必要な情報が圧倒的に多いということに気づく。
私たちが本当に必要な情報だけを収集し、生活していく上で役立てていくために以下の3つのことに取り組んでいく必要がある

  • 情報の処理速度を上げ、必要か不必要かを判断する能力を高める
  • 情報源を選別する
  • 収集し、活用して得られた結果を、ためになる情報として再発信する

最初は自分にとって、どんな情報が必要なのかわからない。したがって、出来る限り多くの情報を取り入れて処理する。その処理速度を上げるとともに、自分にとって必要な情報か、不必要な情報化を判断する能力を高める必要がある。
情報の処理速度が高まり、自分なりの判断基準ができあがってきたら、自分にとって必要となる情報源を選別する。そうすることで選別した情報源からの情報を処理することに集中できる。
また、選別し終わったあとも、新たに自分にとって必要な情報源が現れたら随時追加して選別していく。こうすることで自分なりの情報源のバージョンアップを繰り返していく。
このようにして情報源を選別し、情報を収集しても、活かさなければ意味がない。得られた情報を完全に自分のものにするため、実際に活用し、その結果をあたらな情報として発信するのがいい。
この「ALPHA LABEL」も、私が得た情報を、私なりに改めて発信するために書いていく。
まだまだ、テレビ番組にもためになる番組は多く、一度に多くの人に情報を発信できるメディアとしての影響力は大きい。また、インターネットもこれから活用方法が深められていくメディアでだろう。
テレビもインターネットも自分なりに必要なメディアとしてうまく使いこなし、不必要な情報を遮断し、自分の身となる情報を得て活用していこうと思う。

Blogはじめます

「今年の夏は暑い。」と毎年のように言っている。
毎年「夏は暑い」のに、夏がくると「今年の夏は暑い。」と感じてしまう。
来年もまた、夏がきたら「今年の夏は暑い。」とつぶやいてしまうのだろうか。
「ALPHA LABEL」は、今年よりも来年、今日よりも明日、このブログに出会う前より出会った後、何かしらの気づきや発見、成長があるように、その成長を記録するためのブログです。
インターネット、ウェブ、マーケティング、書籍、個人的な雑感などです。
まっさらなこのブログにこつこつと書いていきます。