カスタムフィールド機能を搭載した「MovableType 4.1」が配布開始

MovableType4.1

MT3.xでウェブサイト構築をする際に、入力項目の拡張・編集をできるようにする「RightFields」プラグインをとても活用していました。
MT4へのメジャーバージョンアップにより、この「RightFields」も使用できなくなっていましたが、本日配布開始された「MovableType 4.1」にて「カスタムフィールド機能」という標準機能となって使えるようになりました。


Six Apart – シックス・アパートが、カスタムフィールド機能を搭載した最新ブログ・ソフトウェア「Movable Type 4.1」を本日より出荷開始』より

ブログ・ソフトウェア大手のシックス・アパート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:関 信浩)は、ブログ・ソフトウェアの最新版「Movable Type 4.1」を、本日より出荷開始します。

1.「カスタムフィールド機能」を基本機能として標準搭載

カスタムフィールド機能は、ブログ記事やウェブページ、ユーザープロフィール、カテゴリ、フォルダの入力フォームに独自の入力項目を追加する機能です。追加できる項目の種類は、テキストエリアやドロップダウンメニュー、ラジオボタンなど様々です。CMS機能としてニーズの高い「カスタムフィールド機能」を基本機能として標準搭載することにより、ブログ記事やウェブページ作成時の管理画面の入力項目を、任意に追加・拡張することができるようになり、ウェブサイトの運用・管理の手間を大幅に削減することが可能です。

ウェブサイトを制作して納品した後、お客様のほうでページを更新されたいという要望は多くあります。
その際、MovableTypeを導入していても、ページの更新にあたって見出しの設定や画像の挿入などを行う為、少々のHTML知識を習得していただく必要もありました。
入力項目の拡張・編集が行える「RightFields」プラグインを活用することにより、お客様にHTMLを習得していただくという手間さえも省けることが多かったのです。
MT4へのバージョンアップによって、RightFieldsが使えなくなることが非常に残念でしたが、今回のMT4.1に「カスタムフィールド機能」が標準機能として使えるようになったことで、今まで以上にMovableTypeをCMSとして活用できる機会が増えたと感じています。
カスタムフィールドの設定方法などについては、以下のページにて詳細が説明されています。
>> カスタムフィールドを使用する | Movable Type 4 ドキュメント
これを機に私も改めて、MT4.xの機能などを勉強し、ウェブサイト構築に活用してまいります。