もはやラジオ局での Twitter と USTREAM のアカウントは必須

TOKYO FM ダダ漏れ
以前に「Twitter でラジオ番組にリクエストができる」、「ニッポン放送で Twitter 大喜利」という記事を書きました。そのころからラジオ局、番組、パーソナリティが Twitter アカウントを開設数も増え続けています。
今日2010年2月8日、TOKYO FM で Chigusa さんがパーソナリティを務める「DIARY」の放送の模様が「ケツダンポトフ」で LIVE 配信されました。
視聴者数は最高で1400人を超え、平日昼間の番組にも関わらず、多くの視聴者とともに盛り上がりました。

USTREAM で LIVE 配信を始めるラジオ局が増え始めている

TOKYO FM での USTREAM による LIVE 配信は、今日の放送が初めての試みであったと思いますが、J-WAVE ではすでに DJ TARO さんがパーソナリティを務める番組「MUSIC PLUS」にて USTRAEM LIVE 配信が毎日行われております。
また、今日の同じ時間帯には、和歌山の AM ラジオ放送局「和歌山放送」でも USTREAM ライブ配信が行われており、「Twitter を使って0円で日本一周」に挑戦している @yukie0339 さんをゲストに迎えて放送が行われていました。
» DJ TARO on Music Plus on USTREAM
» DIGITALwbs on USTREAM: はじめまして。私たちは、和歌山市内にあるAMラジオの和歌山放送でございます。

もはやラジオ局は Twitter / USTREAM アカウント開設は必須か!?

ラジオ番組は生放送で行われていることも多いので、USTREAM による LIVE 配信は放送内容が変わることなく、さらに映像付きで楽しめることによるメリットもあります。
また、ラジオ番組を USTREAM で LIVE 配信することで放送圏外にいる視聴者も番組を楽しむことができ、Twitter を活用してパーソナリティやリスナーとコミュニケーションが取ることができます。
J-WAVE / TOKYO FM という東京の2大FM放送局が、Twitter / USTREAM を活用し始めたことにより、他のラジオ局も導入せざるを得ない空気になっているのかもしれません。
海外では多くのラジオ局が USTREAM チャンネルが開設されており、日本でも増えていくことは自然な流れなのでしょう。
Radio + Twitter + USTREAM という組み合わせが今後増え、そしてその先にどのようなコンテンツやネットワークが広がっていくのか、楽しみです。