ニーズが見つかりやすい7つの「不」

ビジネスにおいて成功する鍵となるのは、お客様のニーズを掘り起こしてその欲求を満たしてあげることです。
お客様のニーズの見つけ方として、「7つの『不』」から探してみると見つかることがあります。
その「7つの『不』」とは、以下のものです

  • 不安
  • 不便
  • 不精
  • 不純
  • 不人気
  • 不労
  • 不変

「不安」は普段生活するうえでの様々な不安に感じることです。お金のこと、健康のこと、人付き合いのことなど、人はさまざまな不安を持ちながら生活しています。それらの「不安」を解消させるものを人々は求めています。
「不便」は、使用している道具や施設、サービスなどに対して満足していない、面倒だと感じていることから生まれます。すでにある製品やサービスにおいて、人々が「不便」だと感じている部分を改善してあげることで飛躍的に満足が得られるようになります。
「不精」は、人々が「めんどうくさい」と感じていることです。毎日の生活において面倒くさいけどやらなければならいことの、作業量を減らしたり、自動化させて、自らの手を動かさなくても済むものを求めています。
「不純」とは、ある行動をする上で「異性にもてたい」「お金が欲しい」「楽して得したい」という心です。人としてそのような欲求を持つことは多くありますが、たいていの場合、外から良くみられるものではありません。その「不純」な動機を正当化してあげられるものがあると良いかもしれません。
「不人気」とは、たいていの人が嫌がる物事、仕事のことです。人が嫌がる仕事というのはえてして自分も嫌だと感じることが多いのですが、その分競合が少なく、少数で市場が独占されている場合があります。不人気の仕事において、いかに作業効率を上げ、安全性を高め、快適に仕事できる仕組みを取り入れることでニーズを掘り起こすことができるかもしれません。
「不労」とは、「働かない」ようになっても収入が得られるような仕組みを作ることです。現場の最前線で自らの手を動かして稼ぐのではなく、お金を稼ぐ仕組みを作り上げて動かすことです。株、不動産、フランチャイズビジネスなどが考えられます。
「不変」とは、「変わらない」ものに着目することです。時代は常に動いています。「変わらないものなどない」という視点から、長期間にわたって同じ慣習で動いている業界、古い体質の業界に新しいものを取り込んでいくことでお客様のニーズを掘り起こすこともできます。
この「7つの『不』」の視点から市場を見てみることで、お客様のニーズを探しだしやすくなるかもしれません。

Pocket
LINEで送る