猫ちぐらニュース、再び。


※映像と本文に直接の関係はありませんが、ねこはカワイイです。
『「猫ちぐら」作りませんか、新潟で後継者育成 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)』

 稲わらで編んだ猫用の家「猫ちぐら」の作り手の育成が新潟県関川村で本格化している。

 「ちぐら」は、農家が子守に使っていた揺りかご。新たな特産品にしようと、1980年頃から猫用を作り始めた。注文から約1年待ちの人気商品だが、作り手グループ「猫ちぐらの会」は70~80歳代が多く、後継者育成が課題となっていた。

前に「猫ちぐら」の記事は書いたと思い、調べてみたらやっぱり書いていた。
» 猫ちぐら – ALPHA LABEL
その時は「注文殺到で大忙し」だったが、今回は「後継者がいない」というネタだ。
にしても、猫ちぐらに入っているねこカワイイ(*´Д`)
「猫ちぐら」は 新潟県関川村猫ちぐらの会 のウェブサイトから注文できますよ。

Pocket
LINEで送る