宝くじで2億6000万円を手にした男性、マクドナルドに復職

マクドナルドに復職した億万長者

2.6億円の宝くじを当てた男がなぜかマクドナルドに再就職 – GIGAZINE』より。
イギリス在住のルーク・ピッタードさん(25)は、1年半前に宝くじで130万ポンド(約2億6000万円)を手にしたにもかかわらず、以前に勤めていたマクドナルドに復職されたそうです。
以下、元記事からの訳文です。

ここはお金持ちがよく来るような場所ではない。

だが、カーディフにあるマクドナルドに来れば、いつでも億万長者から接客してもらえる。

仕事には「お金を得ること」よりも大事なものがある

——
ルークさんは、宝くじの当せん金で新しい家を購入し、豪華な結婚式を挙げ、カナリア諸島でのバカンスを十分に楽しみました。しかし「仕事がない」ことを実感し、満足が得られなくなっていたルークさんは、前の職場であったマクドナルドに頼み込み、時給5.85ポンド(約1170円)で復職したそうです。
ルークさんは「みんな、頭がおかしいんじゃないの?と聞いてきたけど、私は、ここにはお金よりも大事なものがあるんだよ、と応えてきました」と言っています。
「億万長者になる前はここの仕事が好きだったから、復職できて嬉しい」とも言っています。
カーディフの郊外・ポントプレナイにあるマクドナルドにいるわずかな人しか、億万長者がポテトを揚げ、レジカウンターにたって接客していることを知りません。
——
ルークさんの当時のガールフレンドで、宝くじに当たった後結婚した妻になったエマさんも「私たちは以前からマクドナルドで楽しく働いていたし、今でもいい友だちがたくさんいるの。」と語っています。
億万長者になって、欲しいものを手に入れ、豪華な生活を送っていても、「仕事」で得られる幸福感は満たされなかったということなのでしょう。仕事の達成感、仲間とのコミュニケーションなどは、お金だけでは得られないものです。
日本にも「『ロト6』で1等を当てて3億2000万円を手にされた男性」がいらっしゃいますが、この方も当選した後でもお仕事を続けられているようです。(ただ、この方は仕事以外の部分でも波乱万丈な生活を送られているようです……)

ルークさんのいるマクドナルドに欲しい0円メニュー

マクドナルドには「スマイル」という0円メニューがあり、注文すると店員さんがスマイルをしてくれるそうです。(私は注文したことがないのですが……)
ルークさんから「ビッグマックセット」を提供してもらうと、自分も宝くじで1等が当たるような、金運が上がりそうなしそうです。ぜひ、ここのマクドナルドには、ルークさんに接客してもらえる「Lucky!」という0円メニューを提供して欲しいですね。