世界的ピアニストがオレンジでショパンを弾く

とある方に教えていただいた動画ネタ。
世界中で活躍されているピアニストのラン・ラン(Lang Lang)さんが、「オレンジでショパンを弾く」という技を披露されています。


動画をアップされた方の説明によると、『トロントのロイ・トムソン・ホールの控え室で撮影されたもの』だそうです。
また、『肝心なことを書き忘れてました』とあり、

ラン・ランはこの技を、世界的な指揮者でピアニストのダニエル・バレンボイムから学んだそうです。この”オレンジ演奏”にはリラックス効果に加えて、手首と腕をほぐす効果もあるらしい。

と説明されています。
手首や腕への効果の程は「?」ですが……
一流の方は「お遊び」のテクニックも素晴らしいですね。

関連情報

▼ラン・ラン(Lang Lang) ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
ラン・ラン(Lang Lang) ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番

Pocket
LINEで送る