借金生活から脱出する22の方法

借金を返済する22の良い方法

20+ Ways to Get Rid of Your Debt for Good』より
借金生活から抜け出すための22の良い方法が紹介されていました。
借金返済だけでなく、お金を貯めるためにも使える方法です。
以下、私なりの訳文です。
稚拙な文章であることをあらかじめご了承下さい。


——
これは段階的に借金を減らすためのガイドではありません。むしろ、借金返済に関する多くの文書を読み、実際に効果のあったものを集めたものです。
このリストの内容において、「あなたにとって確実に効果がある項目」と「可能な限り効果がある項目」とを分類することをオススメします。項目をすぐに実行し始め、可能な限り他の項目も取り入れていくようにしましょう。私を信じてください。(今は現実でないとしても)すぐに妄想が現実となり、ゆっくりですが確実に、あなたは借金から自由になります。そしてその気持ちは、あなたが感じなければならないどんなささいな痛みよりも価値のあることです。

1. さらなる借金することを止めましょう

冗談かと思うでしょう?まぁ、それが簡単だというなら、そうしてくれませんか?あなたの借金をあなたの背景にある土の小高い丘のようだと考えましょう。この小高い丘から抜け出すには、シャベルで1回掘り出す必要があります。今度は毎回2、3杯分土を掘り出しているときに、4杯分の土が増えていく所を想像してください。その小高い丘から抜け出すのに、どれくらいの時間がかかりそうですか?そのことが理解できない間は、どんどん借金が積み重なっていくことになります。

2. クレジットカードを使うのをやめましょう

私たちの多くが持っているもので、最も大きな下降要因一つは、クレジットカードへの依存です。現金を支払うのとは違って、カードで支払うときは、お金を払うことに痛みを感じません。それで、もしあなたがいくらカードで支払ったかが管理できなくなった場合、カードを切り刻み、家に置いて行き、あなたの借金がなくなるまでしまっておきましょう。(注記:クレジットカードが作れなくなるため、口座は解約しないようにしましょう。)

私が大学生のとき、クレジットカードを持つことで少しワイルドになりました。私はクレジットカードを使うのをコントロールすることは厳しい方法だと学び、水を張った鍋の中に入れて凍らせました。もし、カードが溶けて出てくるまで待たなければならないほど欲しい物や必要なものがあったならば、それはとても買う価値の高いものです。もし待てないようなものであれば、私は現金を貯めます。私の母はこのことを笑っていましたが、この衝動買いを抑えたことで多額のお金をを貯めることができました。– Kelly Colucci, Cumming, Ga. – quote source: Kiplinger

3. 態度を改めましょう

人生における何か他のもののように、借金から抜け出すことはあなたの精神的な自立において厳しいものです。”できる”という意識に切り替えましょう。精神的な犠牲者になったり、できるかどうか疑問を自分の中に持つことを止めましょう。借金に立ち向かうことを始め、借金がすべてなくなるまで立ち向かうことを止めないようにしましょう。

4. 常に忙しくしていましょう

怠け者の精神は悪い働きであり、お店や小売業者の格好の獲物です。もし、あなたがうんざりしてショッピングモールに出かけたら、あなたは必要のないものをカートいっぱいに押し付けられて買う羽目になってしまいます。もし、あなたが何もせず、テレビの前で怠けていたら、広告主はあなたが望まない物まで憧れのものに魅せて買わせようと洗脳します。あなたが借金を返すことに対して親権であるならば、多くの時間を生産的に過ごすことで、自分ひとりのためにお金を浪費することはなくすることができるでしょう。

5. 浪費癖を変えましょう

あなたはいつも何かを購入する前や、商品を選ぶ前に計画を立てていますか?
あなたは自分自身に買おうとしているものが「本当に必要なもの」か、自分自身の「欲求を満たす」ために「欲しい」と思い込んでいるだけではないのですか?
あなたは友達の前で目立とうとして、過剰な金額を支払っていませんか?
あなた自身の浪費傾向を長く厳しく見つめなおし、あらゆる支払いの場面を改善してください。

6. 支出を減らしましょう

あなたは請求をすべて支払い終わった後でもお金が残すことができますか?
例えば、あなたの食料や雑貨に注目したとき、お金を残す為に同じ内容物の安いブランドに変えることができますか?お金を貯める為に、セールで買いだめはできますか?実用的、かつ賢く、電気・ガス・水道を節約するようにできますか?出費に関するあらゆる面に注目して倹約することで、借金から開放されるようになります。

7. シンプルでつつましいライフスタイルを受け入れましょう

私たちは過剰な物に囲まれた社会で暮らしています。私たちは生き抜くためにとても多くのものが必要であると信じ込んでいます。しかし現実は、ほんの少しのもので生活することができます。過剰にある物をできる限り速やかに減らすことが借金から開放されることにつながります。そう、あなたの慣れ親しんだ楽しみのいくつかがなくなることで、人生が少し退屈に感じるでしょう。それは、ひと時の楽しみと多大な借金への心配で眠れなくなることか、もしくは借金から自由になり、人生を楽にするための今ひと時のささいな我慢をすることに対する呼びかけなのです。

8. 常に収入アップの機会を探りましょう

あなたの稼ぎが多ければ多いほど、借金の返済に当てる金額がおおくなるでしょう。なので、常に賃金を上げるための仕事をしたり、残業したり、ボーナスを上げるための機会に注意を払いましょう。真剣に仕事に取り組み、毎日一生懸命働くことで、昇給できることでしょう。

9. 収入源を増やしましょう

たいていの場合、今の仕事だけで収入を増やすことは簡単なことではありません。もし、収入源が一つだけの場合、新しい収入源を作ることを考えましょう。
お金になりそうな趣味はありませんか?
ミュージシャンや大工、ライターなど、パートタイムで活かせそうなスキルはありませんか?
オンライン上で使えるコンピューターの知識はありませんか?
収入源を増やすことは借金から開放するだけでなく、職を失ったときの保険にもなります。

10. 緊急時に備えた貯蓄をしましょう

借金に立ち向かうとき、雨の日のための少しの貯えをしてください。もし病気やケガなどが思いがけず襲ってきたり、もし強制的に再び借金することになったとき、借金を返済することから離れることになります。もしものときのために使う小額のお金を貯めておきましょう。

11. 可能な限り支払いをやめましょう

準備をしてください。期限を守って返済額を支払います。利子を追加して支払うことに意味はありません!
あわせて料金を節約できる別の項目を探してください。例えば、お金を下ろすために銀行に立ち寄るのは面倒かもしれませんが、毎回ATMでお金を下ろすたびに3ドルの手数料を支払っていることは価値のあることですか?
ネットで映画のチケットなどを予約するのは便利ですが、そのときに余分な手数料を支払ってはいませんか?

12. 借金を一つにまとめましょう

クレジットカード会社に問い合わせ、借金を一つにまとめ、金利の引き下げや特別返済ができないか尋ねましょう。あなたが持っているすべてのクレジットカード会社に尋ね、一番金利の低い会社に借金をまとめましょう。「借金を一元化させるときの手数料」にも注意し、一番良いところを選択してください。また、クレジットカードの利用スコアを下げるので、口座は解約しないでください。

13. 予算を作りましょう

予算を組み、運用することは難しくありません。シミュレーションソフトや道具などは必要なく、ノートとペンさえあればでき、使い慣れた表計算ソフトがあればできます。毎月のすべての返済項目を、家賃や住宅ローン、食費、光熱費と同じように書き出し、限度額もあわせて書き出します。そして、計画が立てにくい雑費や娯楽費の項目をつけ加えます。もし、借金の返済額が不十分でなければ、返済額が十分な金額になるまで項目ごとの費用を調整してください。

14. 再利用とリサイクルを活用しましょう

できる限り、再利用とリサイクル を行ってください。私はゴミ袋を買ったことはありません。その代わり、ポリ袋をキッチンとトイレにおいています。誰かが「せこい」と思っても気にしません。これはお金を節約するだけでなく、環境破壊を減らすための小さな方法の一つだからです。だから、なぜ私が見栄っ張りな人たちの考えを気にしなければならないでしょうか。そして、小さなポリ袋を使って捨てるので、定期的に掃除することになり、台所を悪臭から守ることにもなります。いくつかの再利用とリサイクルの方法を取り入れることで、いくばくかのお金を節約することができることにあなたは驚くことでしょう。

15. 借金返済の意志を公表しましょう

借金返済を始めるとき、その意志を公表しましょう。あなたのパートナーや家族、友人に対して、声を大にして言います。あなたが借金返済に取り組んでいることを周りの人が知ることで、変な目で見たり、貶めようとするかもしれません。これは好ましくない経験ですが、寄り道せず、一刻も早く抜け出そうという気になりませんか?
おそらく彼らは、あなたを食事や買い物に誘うことを止めるでしょう。

16. あなたの努力を綴るブログを始めましょう

もし、あなたが借金返済していることを知り合いに知られたくないなら、見知らぬ人に知らせましょう!
インターネットであれば、簡単に匿名で公共性の高いイメージを作ることができます!
インターネットを活用しましょう!ブログを作り、借金返済の進行状況をチャートにしましょう。
livedoor Blogアメブロ(出典ではBlogger)を使うことで、特別な技術を必要とせずに誰でもタダでブログを作ることができます。そのことに敏感になりましょう。あなたが借金を返済していくことに対する、一度もあったことのない人たちからの激励が、何よりも励みになります!
一方で借金を返済しきった暁には、そのブログを現金化して、新たな収入源にすることもできます。
すでに「Blogging Away Debt」、「No Credit Needed」、「The Simple Dollar」など、いくつかのブログが行われています。
また、Googleで「blog debt」(「借金返済 ブログ」)と検索することで、もっと見つけることもできます。

17. 正しい人たちに囲まれるようにしましょう

もし浪費癖のある人たちの中で生活しているなら、消費生活から抜け出し、収入の範囲内で常識的に生活することは難しいでしょう。この場合、付き合う友達を変えるか、ネガティブな影響を与える友達との距離を置きます。これは相当難しいことですが、本当に借金を返済したいならば必要なことです。

18. 引っ越しましょう!

重大な局面においては、抜本的な対策が必要です。もし、深刻な借金で悩んでいて、抜本的な対策を望むなら、生活費の安い街に引越し、小さい家・家賃の安い家に引っ越しましょう。

19. もしタダで手に入るものがあれば、お金は支払わないようにしましょう。その代わりに借金を返済しましょう!

もし、周りにバスや電車などの公共機関が使えるならば、運転をしなくてもよくなります。もっと良い方法は、自転車に乗ることで同時にちょっとした運動もできます。月末にはガソリン満タン1回分が浮いていることでしょう。その分を借金返済に充てることができます。返済額が大きいようには見えませんが、この方法ではるかに速く借金をきれいに完済することができます。

20. 常に最低額よりも多いお金で借金返済をしましょう

もし返済最低額しか払っていなければ、借金を返し終わる前におじいちゃん・おばあちゃんになってしまいます。電卓を持ってきて、返済最低額で返済しているときの本当の返済総額を確認しましょう。
例えば、1000ドルのクレジットカードローンを借りて最低支払額を払った場合、実質年率が18%だとすると、完済するまでに約13年もの時間を必要としてしまいます。その時、利子として1,115.41ドルを支払うことになります。これが主な借り入れ例です!
長期ローンでどれだけのお金を失っているか想像してみましょう。そして本当に借金から抜け出そうと考えているなら、常に最低返済額より多めに返すようにしましょう。

21. 親戚などからの助けをためらわないようにしましょう

あなたが借金と戦っているとき、もし家族や親戚が助けてくれるなら、ためらわずに受け入れてください。これは、現金での助けであるだけでなく、精神的な助けでもあります。
例えば、生活費の一部を節約して借金返済に充てることができるように、あなたのお母さんはあなたの子供を子守することができますか?
あなたの両親は、借金の返済額を減らすために低金利、もしくは無利子でお金を貸すことができますか?
もし返済を始めるときなら、数ヶ月間実家に帰って、その分の生活費を返済に充てることはできますか?
またこれは難しいことですが、両親があなたの借金を減らすために働いて、あなたの返済期間を短くすることもあります。

22. 自動化・マニュアル化させましょう

これがあいまいなことはわかっていますが、効果があるので取り上げました。もし、毎月の支払額・返済額が超過して生活に支障をきたしているなら、収入の一部を自動的に返済に充てるように固定させるしかありません。あなたがたった一つすべきことは、銀行の預金を残して、返済額の未払いをなくすことです。
もしくは、借金を返済して返済額が減っていくことが励みになるなら、手動で返済します。毎月必ず自分で返済するようにしましょう。
結局、借金を返済するということは、財政的にダイエットにすることと同じようなものです。これは簡単なことではありませんし、いろんな誘惑がさらに困難にさせます。とても小さな声があなたの頭の中で「もしあなたの人生が楽しくないとしたら、お金の役割は何ですか?」とささやきます。
しかし、もし借金の中にいて、常にお金の心配しているなら、お金に振り回されていくことになります。借金で人生を犠牲にしたくないならば、借金から抜け出そうとするはずです。
これらのすべてが効果があるというわけではないので、あなたに合った方法を選んで、借金返済に立ち向かってください!
Written by ispf of Grad Money Matters.
——