アメリカの小学生が検索しているキーワードトップ15

Student Searches: The Top 15 Searches for the K-12 Set [SearchEngineWatch]』より
12歳以下のこども達は、どのようなキーワードで検索しているのでしょうか。
netTrekker d.i. が調査した、2008年の1月から3月までに検索で使用されたキーワードのトップ15が発表されていました。

12歳以下のこどもたちが検索したキーワード TOP 15(2008年1月 – 3月)

  1. Games(ゲーム)
  2. Dogs(犬)
  3. Animals(動物)
  4. Civil War(南北戦争)
  5. George Washington(ジョージ・ワシントン / アメリカ合衆国初代大統領)
  6. Holocaust(ホロコースト : Wikipedia)
  7. Abraham Lincoln(エイブラハム・リンカーン / アメリカ合衆国16代大統領)
  8. Multiplication(かけ算)
  9. Math Games(算数ゲーム)
  10. Weather(天気)
  11. Frogs(カエル)
  12. Fractions(分数)
  13. Planets(惑星)
  14. Sharks(サメ)
  15. Plants(植物)

※この結果は、netTrekker d.i. の開発する「Thinkronize」による、教育機関向け(フィルタリングありの)検索エンジンによる集計結果、とのこと。
アメリカのこどもも「ゲーム」が大好き、という結果。また、「歴史」に関わるキーワードが上位に多く出ているようです。
算数(計算)などのパソコンが得意とするものや、理科・社会など調べ物が多い教科に関するキーワードがよく検索されるようです。
日本のこどもたちの検索結果も見てみたいところです。

Pocket
LINEで送る