2009年12月の ALPHA LABEL ブラウザシェア

2010年1本目のブログ記事です。
今年はいよいよ Internet Explorer 6 が(0にはならないけど、ほぼ)いなくなる年になるのではないか、と思ったりしています。
というわけで、現状を把握するため、2009年12月1日から12月31日までの、ALPHA LABEL の Google Analytics の解析データにもとづくブラウザシェア報告です。

2009年12月のブラウザシェア

  1. Internet Explorer 59.90%
  2. Firefox 21.49%
  3. Safari 8.24%
  4. Chrome 6.33%
  5. Opera 1.64%
  6. Mozilla Compatible Agent 1.15%
  7. Lunascape 0.74%

読者層から考えて Firefox のシェアがやや多めな感じ。Google Chrome も増えてきたかな?
6位の「Mozilla Compatible Agent」というのは、Yahoo! や Google のクローラーのことのようです。

2009年12月の Internet Explorer のバージョン別シェア

次に Internet Explorer のバージョン別シェアの報告です。

  1. 8.0 47.75%
  2. 6.0 26.91%
  3. 7.0 25.17%

IE8が半数を占めてきました。
ちなみに、過去のデータは以下の通りです。

1年前(2008年12月1日 – 2008年12月31日)

  1. 7.0 57.03%
  2. 6.0 41.88%
  3. 8.0 0.77%

2009年3月

  1. 7.0 57.65%
  2. 6.0 39.72%
  3. 8.0 2.39%

2009年6月

  1. 7.0 47.37%
  2. 6.0 36.42%
  3. 8.0 15.93%

2009年9月

  1. 7.0 35.05%
  2. 8.0 34.43%
  3. 6.0 30.29%

こう見てみると、IE7に比べて、IE6のシェアの減少の方が緩やかですね。
他の運営しているサイトのアクセスログを確認した所、2009年12月のIEのバージョン別シェアは以下のような割合でした。

  1. 8.0 40% – 45%
  2. 7.0 25% – 30%
  3. 6.0 25% – 30%

やはり、仕事での他のシステムなどとの兼ね合いや、古いパソコンを使い続けていてスペックが満たせないなど、何らかの理由で、まだIE6を使い続けている人が多いのかもしれません。

Pocket
LINEで送る