7対3の法則

競馬は「馬が7で騎手が3」、麻雀には「運が7で実力が3」という比率があるようです。
このことから察するに「あるものを構成する2つの要素は『7対3』の割合である」ということ。
もしかしたら、この「7対3の法則」はいろんなものに当てはまるような気がします……

Pocket
LINEで送る