サッカー観戦で1試合ゴール裏で飛び跳ねると、結構な運動量になることが判明

10000-steps-at-one-game

7月8日(水)に開催されたザスパクサツ群馬とのアウェイ戦に参戦してきました。

雨が降る中の試合。PKを決められ先制を許すも、コーナーキックの流れから巻選手が押し込んで同点。その後も決定機が訪れましたが勝ち越せず、1 – 1 の引き分けに終わりました。

 
この日、スマホをスボンのポケットに入れたまま観戦していました。私のスマホには歩数計機能がついており、ゴール裏で飛び跳ねながら応援していたので、1試合分の動きが計測されていました。

1試合ゴール裏で飛び跳ねると、どれくらいの運動量になるか計測ができたので公開します。

1試合ゴール裏で飛び跳ねると10kmジョギング並の運動量に

こちらが試合を観に行った日の歩数グラフです。棒グラフは集中して身体を動かした時の運動量を表しています。

10000-steps-at-one-game-02

19時と20時の棒グラフが飛び抜けています。ちょうどこの時間に試合が行われていました。

この日は約19000歩を記録。試合が行われていた2時間の間に1日の半分以上の運動量が記録されていたため、試合中に10000~12000歩分の運動が行われていたことになります。

12000歩というと、だいたい10kmラン並の運動量になります。これはかなり多い運動量ですね。

さらにお腹から声を出しながら応援するため、一緒に腹筋も鍛えられます。(おかげで今回も腹筋が筋肉痛になりました。)

 
運動不足の方、ただ観戦しているだけでは物足らなくなってきた方、ぜひゴール裏で叫び飛び跳ねながら応援しましょう。

 

そして、

ロアッソ熊本は、7月18日(土)18時より横浜FCとのアウェイ試合です。あのキングカズこと三浦知良選手がいるチームです。ぜひ、ニッパツ三ツ沢公園球技場に脚を運び、一緒にロアッソ熊本を応援しましょう!

  
ぴあ Jリーグ観戦ガイド2015
ぴあ Jリーグ観戦ガイド2015