[F-03A]スライドケータイどうでしょう

F-03A スライドケータイ

今回から、毎週月曜日に「ケータイ会議3」メンバーにお題が提出されることになりました。
第1回目のお題はこちらです。

「スライドケータイの印象をお聞きします。スライドケータイを使うのは初めて?前にも使っていたらその思い出を、初めての人はその理由を教えてください。」

私は「スライドケータイを使うのは初めてだなぁ」と思っていたのですが、実は「2台目」なのかもしれません。

2台目のスライドケータイ!?

2003年に SO505i を使っていたことを思い出しました。

SO505i は「180°スタイル(ワン・エイティ スタイル)」と呼ばれるスナップターン式の開閉方式の端末で、ディスプレイを回転させて使用するものでした。
したがって、SO505i は「スライドケータイ」ではありませんが、ディスプレイを動かしてキー操作をする、という点では同じかな、と。

スライドケータイの良さは開けやすさ

F-03A
指1本で「しゃこーん!」と開くのがキモチイイ!

私のスライドケータイのオススメポイントは「開けやすさ」です。
二つ折り端末だと両手を使って開いたり、サイドから指を差し込んで開けることになります。
スライドケータイは指一本でスムーズに開けることができます。SO505i も指一本でクルッとディスプレイを回して使うことができました。
F-03A も指一本でスーッと開くことができます。さらに、さりげなく開閉時の効果音もなる機能がついているのもイイですね。

スライドケータイは誤作動が不安なので、キーロックが重要。

スライドケータイはボタンが外側に出ているため、バッグやポケットの中でボタンが押され、誤作動を起こす不安があります。
これまで持っていたストレート型の端末や SO505i で、キーロックを忘れたためにバッグの中でボタンが押され、知らない間に友人に電話していた、ということがありました。
F-03A ではサイドのキーロックボタンでロックができ、ディスプレイをスライドして開けるとキーロックが解除できるようになっています。
キーロックの使い勝手などは改めて見ていきたいと思います。
実質、「初めてのスライドケータイ」なので、使い心地やキーの押し具合など、もっと見ていこうと思います。
ほかの「ケータイ会議3」メンバーは「スライドケータイ」初めて? ↓
FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイトへ!

Pocket
LINEで送る