携帯電話を機種変更する時は料金プランも見直そう

料金プランの見直し

「F-01A」などの新しい携帯電話に機種変更する時は「料金プラン」を見直す良い機会です。
「バリューコース」とか「パケ・ホーダイ ダブル」とか「ファミ割MAX50」とか、新しい料金プランや割引サービスがあり、自分にあった料金プランを設定することで、毎月の携帯電話代を安くすることもできるはずです。
というわけで、docomo の「ぴったり料金プラン診断」で料金プランを見直してみます。

携帯電話の料金プランを見直すながれ

今の料金プラン・通話明細を確認

通話明細書があれば、それを手元に置いておきます。
明細書がなくても、iMenu から確認することができます。
iMenu → [1]お客様サポート → [1]料金確認・診断 → 料金の確認・お支払い → [1]ドコモ料金案内
この「ドコモ料金案内」では当月(今日11月25日であれば、11月1日から11月24日まで)の利用状況による請求金額が確認できます。

通話明細の確認
仕事で使っているとはいえ、結構お金払ってるなぁ……

料金プランのチェック

では、さっそく「ぴったり料金プラン診断」で診断を始めます。
私は docomo ユーザーなので、「すでにドコモのケータイをご利用中の方」の「診断する」をクリック。
次に料金プランを聞かれます。ここでの料金プランは「タイプ○○」か「FOMAプラン○○」かのどちらか、ということです。
料金プランが「タイプ○○」であれば「新料金プラン」の方を、「FOMAプラン○○」の方は「旧料金プラン」の方をクリックします。

料金プランの確認
私は「タイプLL」なので「新料金プラン」の「FOMA」をクリック

今の内容を入力

利用内容を入力
今の内容を入力。私は8年目の docomo ヘビーユーザー!?

今利用している「料金プラン」、「パケット割引サービス」、「利用年数」、「割引サービス」を選択します。

これからの利用状況を入力

利用状況を入力
今後の利用内容を入力。私は通話も多めでネットはかなり利用する

機種変更後の利用するであろう内容を入力します。
前月がこれまでとあまり変わらない利用状況であれば、明細の「通話料」と「パケット通信量」を入力するといいでしょう。
その他、利用したい「割引サービス」を設定します。「料金コース」は、ほとんどの方は「バリューコース」を選択することになると思います。

診断結果の発表!

診断結果
「タイプL」にすると 2000円近くも安くなる!

すべての入力が完了すると、診断結果が発表されます。
私の場合、料金プランを一つ下の「タイプL」にすることで 2000円近く節約できる、との結果が出ました!

診断結果
「タイプL」で「パケ・ホーダイ ダブル」に変更しても 1500円安くなる

その他、ランキング形式で5パターンまで料金プランの提案をしてくれます。さらに印刷もできるので、印刷して電器店やドコモショップなどで相談しながら最適な料金プランを決めるのも良いですね。
料金プランの変更や割引サービスの申込や iMenu の「お客様サポート」からも申し込むことができます。その際は、プラン変更や割引サービスの適用開始日などをしっかり確認してから申し込んでください。
携帯電話を買う時は料金プランを見直す良い機会です。最適な料金プランにして、少しでも毎月の支払いを節約しましょう。
» ぴったり料金プラン診断
FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイトへ!