WISH2009が開催されました

WISH2009 at ベルサール九段

先週金曜日、8月21日にベルサール九段にて「WISH2009」が開催されました。今回、私はスタッフとして参加させていただきました。
当日参加の方も含めて約 400 名の方が参加され、立ち見までギッシリのイベントとなりました。

「Web」の未来と可能性

今回の「WISH2009」では、14組のプレゼンターにお話しいただきました。
ただ、舞台脇という良い位置にいながら、モニタ操作/音響/照明/タイムキーパーをしながらだったので、あまり集中しながら聴くことができませんでした……
しかし、プレゼンされたみなさまはやはり素晴らしく、400名という大勢の前で、ご自身の製品やサービスの良さを伝えられていました。
「自分たちが作り出したサービスの良さを伝えたい。少しでも知ってもらいたい。という気持ちが強く伝わってきました。
「WISH2009」を通じて「Web の広さを再認識」しました。
ここ最近、個人的に「Webサービスの狭さ」というのを感じていました。極めて狭い範囲しか対象としていないサービス、Webで完結して終わるサービス、将来的な発展性が見えないサービス、など……
開発者ではなく、一人のユーザーとしての意見となりますが、このような「狭い」Webサービスばかりが目について、まさに「日本の Web は『残念』」なのかと感じることもありました。
しかし、「WISH2009」でお話しいただいたみなさまのサービスはどれも、そのような不安を吹き飛ばしてくれるものばかりでした。
世界を舞台としてサービス展開される lang-8 さん、コニットさん。新しい技術から新しい製品で未来を少し見せてくれた慶應義塾大学 ユビキタスコンテンツ・プロジェクトさん、サイトフィードさん、Cerevoさん。
Webでの楽しみ方をまだまだ教えてくれた秋元さん、こくばんinさん。まだまだ業務効率が上がるサービスを提供してくれる三三さん、ユーザーローカルさん、田口さん。
Webと日常生活がしっかりつながるサービスを提供してくれるドレスファイルさん、30 min. さん。そして、大企業もしっかりWebの可能性を追求し、実現していることを見せてくれたソニー銀行さん、日産自動車さん。
他にも今回応募された方にも、「Webの未来と可能性」が感じられるサービスが多くありました。このような方々の一人一人がいる限り、「日本のWebは『残念』でした」と終わってしまうことはありません。

「ALPHA LABEL」賞の発表!

イベントの最後に、「みなさんも、一人一人の賞を贈ってください」という言葉があったので、僭越ながら「ALPHA LABEL」賞を贈ります。
「ALPHA LABEL」賞は……
ドレスファイル さんです!!
「クリーニング」業という従来のビジネスが、「クリーニング」と「保管」というインターネット取引の利点を活かしたビジネスへと展開。
さらに Web を活用した「オンラインクローゼット」という見せ方の新規性。そしてプレゼンでお話しいただいた、他のユーザーとのコミュニケーションによる発展性。
仕事柄、ネット通販/イーコマースを行っているだけに、ドレスファイルさんのWebの活用法は素晴らしいと感じました。
私ももっと Web の可能性を広げる活用法を考え、表現していかなければならないと思います。

「WISH2010」に向けて

「WISH2009」は会場に足を運ばれた方だけでなく、USTREAM やニコニコ動画での中継をごらんになった方、Twitter の実況で参加された方など、非常に多くの方が参加されました。
参加されたみなさんが、14のサービスについて知ることができただけでなく、プレゼンされた会社への求人活動が行われていた所もあったとかなかったとか。
また、いろんなメディアに掲載されたことで、ベンチャーキャピタルから出資に関する話が来た所もあったとのことです。
今回、イベント開催の準備がギリギリな部分が多く、個人的に反省すべき点も多くあります。特に音響トラブルについては、須田さん に救っていただいたことにとても感激しました。本当にありがとうございました!
おそらく、来年「WISH2010」も開催されるのではないかと思います。というか、ぜひ、開催していただきたいです。
そのために「WISH2009」での反省点を改善し、良かった所を伸ばして、より多くの人にご参加いただける内容を期待したいと思います。
そして、できれば来年はプレゼン側に立ちたいです。私自身は開発はできないのですが、今からでも勉強し、できる方の協力を得ながら、みんなに役立つサービスを提供していきたいと考えています。
それまでにサービスをリリースして、使ってもらう。そして、WISH2010では新サービスの発表ができるよう、今日から動いていきたいと思っています。
最後に、「WISH2009」をやろうと言っていただいた徳力さん、当日のイベント進行で大活躍のカイさん、スポンサーのみなさま、受付・パン係・映像・カメラ・インタビュー・案内などイベントを支えていただいたスタッフのみなさま、そして会場にご参加いただいたみなさまと、各メディアで参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました!