VAIO P Series シークレットイベントに参加してきた

VAIO P series

先日、ブロガーズ・ラウンジさんにご招待いただき、ソニーマーケティング主催のシークレットイベントに参加してきました。

テーマは「COMING-OUT」ということで、5月22日に発売された「VAIO P series」を一足速くご紹介いただきました。

カラフルな雑貨のように身近に感じられる「NEW VAIO P series」

新しい VAIO P series で目立つのはまず、そのボディカラー。オレンジ・ピンク・グリーン・ホワイト・ブラックと、ビビッドなカラーでありながらマットな仕上げになっており、人目を引きながらもなじみやすい色になっています。

さらに貝のように丸みを帯びたフォルムから、やわらかい感じがして、まるでカラフルな雑貨のような、いつも身近にあるような雰囲気を感じさせます。

VAIO P series
ビビッドでマットなカラーは目を引きながらも親しみやすい

大きさはそのままで細かい部分をさらに改善

今回の VAIO P Series から、大きさの面では変わってはいません。片手で持てる世界最小サイズはそのままです。しかし、細かいところでの改善が多くあります。

本体の大きさをそのままでバッテリーの大きさを大きくして使用時間を長くしたり、再度のUSBコネクタなどを接続する部分を真ん中にそろえるなど、実用面・機能面・デザイン面など、あらゆる面で細かい改善があります。

VAIO P series
世界最小サイズながらキーは押しやすいサイズ

VAIO P series
本体の大きさは新書より少し大きいくらい。本当にポケットサイズ!

若い女性などをメインターゲットに

ソニーの担当者の方にお話を伺ったところ、これまでの VAIO type P シリーズはどちらかというと、30代・40代の男性がメインユーザーだったとのこと。

今回の VAIO P Series では、若い人を中心にいろんな生活シーンで使ってもらえるようにしたい、という狙いがあるそうです。

そのため、本体だけでなく、カバーやストラップなどもあわせて製作され、生活に密着した「アクセサリー」としてのイメージをも提供している感じがしました。

VAIO P series カバー
本体のカラーはデザインにあわせたカバーも

インターネットやメールだけでなく、電子書籍や映像を生活のいろんなシーンで楽しめそうな NEW VIAO P series。

店頭で見かけて、触って、楽しむと、忘れられなくなるかもしれません。

» COMING-OUT NOW!! | 個人向け | VAIOパーソナルコンピューター | ソニー