ニコニコ動画の会員数800万を突破、動画をアップする人は1割

7月11日に開催した Action Blogger’s Night!! Vol.23「スイーツナイト! 3rd Track!!」の第2部は「スイーツと動画」というテーマで、ドワンゴの岡村裕之さん、スイーツゲストのはゆみさん、トリオフォーの山下陽光さんからお話を伺いました。

ニコニコ動画の会員数は800万人、現在も1日1万IDが新規入会中

『hiniclip:ヒニクリップ | 「スイーツナイト! 3rd Track!!」おつかれさまでした』にてイベントの資料がご覧いただけますが、こちらでニコニコ動画に関して、会員数700万人と書いてありますが、岡村さんから「今日(7月11日)で800万人超えました」とのお話がありました。さらに、現在も1日1万IDが新規で作成されているとのことです。
ニコニコ動画はケータイでも見ることができますし、iPhone 3Gの登場により、ますますモバイル機器での閲覧が増えていくでしょうから、今後もユーザー数は増えていくのではないかと思います。
また、今回「ギーク(一般と比較してIT系・Webに関する知識がある人)」の割合が高かったような感じもしますが、「ニコニコ動画の認知率が100%」というのにはビックリしました。

動画をアップするユーザーは全体の1割

会場からの「動画をアップする人は全体の何割いるのか?」という質問があり、その回答は「初期の段階では約2割」との回答でした。動画を観るだけでなく、アップするユーザーも非常に多いようです。現在ではその割合は落ちているであろう、ということでもありした。
会場での挙手アンケートを取ったところ、ニコニコ動画にアップしたことがあるのは1割、YouTubeにアップしたことがあるのは2割程度、でした。

「知り合いだけに見せたい」というサービスの使い方

トリオフォーの山下さんからは「今後は、撮影した映像を知り合いだけに見せられるような、クローズドなコミュニティ機能があるといい」というお話を伺いました。
先日より「ニコニコミュニティ」という新しいサービスがリリースされた直後でのお話だったので、ユーザーの欲求をいち早く捉えて実現されている点も、あらためて素晴らしいものだと感じました。

より広いユーザーが、動画コンテンツの投稿と共有ができるように

今回スイーツをご提供いただいた店長さんにビデオメッセージを投稿いただき、私も「iPhoneカウントダウン」という動画をアップしてみました。
最初はどのようにアップすれば良いのかわからない点もありましたが、アップ後に他のユーザーに視聴され、コメントされるのは、ブログのコメントやトラックバック、mixiのあしあとや日記へのコメントとはまた違った楽しさを感じることができました。
多くの人に視聴され、ブームになるような動画を作成したい、という欲求もなきにしもあらずですが、視聴数は少なくとも何かしらのリアクションが得られるようなコンテンツをアップして共有し、コミュニケーションをとるというのは、とても面白いことです。
この「動画をアップして、みんなで楽しむ」というのは、もっと多くのユーザーに広まっても良いものではないかと思います。
そのためには、自分から他の人に動画の撮影、アップロード方法を伝えて試してもらい、同じ体験を共有していく必要があるのだろうと感じました。

Pocket
LINEで送る