BRAVIA Phone S004 タッチ&トライ ブロガーミーティングに参加してきた

BRABIA Phone S004
AMN主催の「BRAVIA® Phone S004 タッチ&トライ ブロガーミーティング」に参加してきました。
“ソニー・エリクソンの新しい携帯電話”ということで発表された BRAVIA® Phone 。
時代は iPhone や Xperia などのスマートフォンに注目が集まっている中での新機種ということで、いろいろ伺ってきました。

美しいデザインと、美しい BRAVIA&trade の画面!

BRAVIA® Phone S004 のカラーバリエーションはオニキスブラック、プラチナホワイト、スターダストピンクの3色。
“美しい光の映り込みを意図した”ということで、全体的に丸みを帯びており、背面は鏡のようになっていて、とても美しいデザイン。今回使わせていただいたスターダストピンクもカワイイだけでなく、上品な感じがする色合いでした。
端末を開いてみると、キーボード部分がやや厚みがある感じ。女性にはちょっと持ちづらいかも、と感じた反面、慣れてくれば持ちやすく感じるかもしれないとも思いました。
画面は BRAVIA® Phone だけあってかなりキレイ!
カメラも 808万画素のCMOSタイプでとてもキレイに撮れます。トップの写真は BRAVIA® Phone S004 でサ撮影したものです。(ヘタッピなのは私の腕がないせいです…)

メニューの呼び出しなどがサクサク!

BRAVIA® Phone S004 には、1GHzのCPUを搭載したチップセット「Snapdragon」(スナップドラゴン)というものが搭載されています。
この Snapdragon のパワーによって、メニューの呼び出しや撮影した写真、デコメの絵文字の呼び出しが非常に速くなっています。
この点について、Best Gear 編集長の長谷部さんは、

フォルダを開く速さとか『速ッ!』というのを実感した。PCでもこんなに速くサムネイルが表示されるというのもあまりないのでは。押してパンッ!と開くという感覚。一度速さを体験すると、実際に触ってみて『こういうところにもストレスを感じてたんだな』とわかる。

とお話いただきました。また、モノマガジン副編集長・上岡さんからも、

どんな商品でも良い機能を多く搭載していても、動作が「もっさり」(キーを押してから実際に動作するまでにタイムラグがあること)していると魅力が半減してしまう。S004はその「もっさり」感がまったくない。

とお話されていました。
私も使用してみたのですが、メニューの呼び出しや、デコメの作成など、まったくストレスなくサクサクと作ることができます。
同じケータイを2年くらい使用されている方は、電器店の店頭などで一度触っていただくと、その速さを実感していただけることは間違いありません。

なにげに嬉しい防水機能!

BRAVIA® Phone S004 には IP5X / IPX7 等級の防水にも対応しています。
最近の端末では防水機能というのはあたり前になりつつありますが、スマートフォンをはじめまだ防水に対応していない機種も多く、やはりありがたい機能です。
Best Gear 編集長の長谷部さんも、

今はスマートフォンの流れで、2台持ちの方が多い。とすると、1台目の携帯に何を求めるか。シンプルなほうが良いか。私が思うのはスマートフォンは防水携帯にはならない。そこで、防水携帯のいうのは選択するのに大きな理由となる。

と話されていました。
生活シーンの多くで水に触れることが多いので、防水機能はケータイ選びに欠かせないポイントになりつつあります。
ソニーエリクソンからの新機種「BRAVIA® Phone S004」
au ユーザーの方でソニエリ大好きな方、スマートフォンではない端末で新しい機種をお探しの方、ぜひ一度店頭などで試してみてはいかがでしょうか。
» BRAVIA® Phone S004 | 携帯電話 | KDDI株式会社

Pocket
LINEで送る