忘年会議2008

忘年会議2008

忘年会議2008』に参加してきました。
思い起こせば、2004年から4回目(去年は不参加)の参加です。

第1部「発表!究極ランキング!」の1位は

まずは、毎年恒例の「究極のウェブサイト」ランキング。
今年の順位は以下の通りでした。

  1. Dropbox
  2. Evernote
  3. あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]
  4. TechTalk.jp – 日本の技術系プレゼンテーション参加者のためのハブサイト
  5. Language exchange SNS Lang-8(相互添削型SNS ランゲート)
  6. Auto Vocoder Box β | Showcase Edition
  7. GYOROL
  8. リグレト – みんなで「ヘコむ」を楽しもう!
  9. 終電jp
  10. やる夫見聞録

2004年の「mixi」(1位)、2005年の「はてなブックマーク」(1位)、2006年の「YouTube」(4位)、「digg」(6位)、2007年の「ニコニコ動画」と、「メジャーだけど、ランクインしてもおかしくないよね。」というサイトが毎年ランクインしていたが、今年はなかった。
「クックパッド」や「プーペガール」などがなかったのも、参加者の女性比率が圧倒的に低いから!?
その他、今年の傾向としては、やはり「Mobile」を活用したサイト、Webサービスが増えた気がする。WebSig 会議でも多く言われていたけど、2009年は「モバイル」が本格的に不可欠要素になっていくと思う。

水野さんはあいかわらず、水野さんであった

第2部の特別ゲストは「夢をかなえるゾウ」の著者・水野敬也さん。参加者からの質問に水野さんが回答する、というトークイベントでした。
印象に残った質問とその回答は、
(Q. 「夢をかなえるゾウ」の課題はどうやって考えた?)

最初は1日1つできる課題を1年分365個考えたけど、読んでみたらあまりにもつまらなかったので、そこから削っていった

Q. 失敗からの立ち直り方は?

今まで、数限りない失敗をしてきた。でも、何かをやり続けたことが良かったんだと思う

Q. 発想法は?

ダメ出しから逃げ続ける。それと、自分の回りは Yesマンだけ。(会場爆笑)
ブレストの時も『やっべ、俺思いついちゃいました』で始め、「それちょーイイっすよ!」と持ち上げ、絶対に否定しない。

Q. 本を書く時に気をつけていることは?

「気持ち悪くない? サブくない?」と自分に問いかける。
ノっている時に書いた所は青く塗って、一晩明けて読み直して「サムッ!」って思わないかどうか。

水野さんは、2005年4月に開催された『アカデメディア第4回 「ウケるブログ会議 〜 人気ブログとその周辺ビジネスをさぐる 〜」』でお会いしていたのですが、相変わらずで何よりでした。

2009年は Development

第3部は「検索キーワードで読み解く2008年」で、毎年恒例 Yahoo!JAPAN さんによる検索キーワードからの振り返り。
ウェブ全体で大きな変革がなかったせいか、自分でつかんでいた傾向とあまり差が無い感じだった。
唯一「クエリの 20%強が地域性のあるワード」ということが、自分なりの新情報。ローカライズというのも来年のキーワードの一つかも。
第4部は主催の橋本さん、田口さんによる「主催者2008?2009」
橋本さんは「2つのクラウド」、田口さんは「Development」というキーワードが印象に残りました。
今回の「忘年会議2008」は、2009年に向けてのキーワードを多くもらえたイベントになりました。

Pocket
LINEで送る

1件のコメント

  1. 忘年会議2008-その7

    今年もかわいらしいサンタさんは健在でしたww
    (なかの人のユニットは、毎年微妙に変化があるようですが…)
    「チミンモラスイ? : 忘年会議…

コメントは停止中です。