「第1回 男の子の会」でガールズトークを聞いてきた

「第1回 男の子の会」
2月8日に渋谷の UPLINK FACTORY で開催されたイベント「第1回 男の子の会」に参加してきました。

男の子の抱く女の子に対しての素朴な疑問、悩みに女の子が本音で答えるトークイベント。

前半はスピーカー6名による、男子からの質問に答えながら進めるガールズトーク。
後半は R25 のライターで TBSラジオ文科系トークラジオ Life」のサブパーソナリティの 斎藤哲也 さんを交えてのトーク。
普段見ることのできない「ガールズトーク」を間近で約2時間半みっちり聞いてきました。

リアルなガールズトークを拝聴

「第1回 男の子の会」
左からあやかはん、ありなちゃん、ようこちゃん、まなみちゃん、みれいさん、代打のそらのさん。

「第1回 男の子の会」
6人目のスピーカー・つるみちゃんも加わり、後半は「参加者みんなのお兄さん」的な斎藤哲也さんを交えたさらにリアルなトークが展開

「ガールズトーク」とはどんなものか?と思われる方も多いけど、今回はひたすら女子同士の恋愛トーク。6人がそれぞれ自分の恋愛経験や恋愛観から、ワイワイと話が盛り上がります。
主催のあやかはんから、『今の20代、30代は「そんなことで悩んでるのかよ!」というのが多い。そこで男の子の悩みを解決させるイベントを企画した』とのイベントの説明がありました。
また、『今回のイベントの主旨は「いろんな女子がいる」ことを知ってもらえればいい』というコメントもあり、普段見ることのできない世界を知ることができて良かったです。
イベントで気になったポイントをいくつかピックアップします。

  • スピーカー女子の好みはゆるふわ系あり、マッチョ系あり、ツンデレあり、包容力を求める人あり。それぞれ。
  • 男は失恋の痛手を引きずりやすい。
  • 「普段、全然性欲を感じない人が飲み会でお酒が入った時に徐々に距離感が近づいて、頭をポンポンされた。ドキッとした。」→「そのようなことをキッカケに相手を意識することもある」
  • 並んで歩いていて、車道側にサッと入れ替わるとか、さりげない優しさにキュンとくる。」
  • メガネ男子が流行っているけど、「黒ぶちメガネが流行っているから自分もかける」というのは女子に見抜かれる。TPOをわきまえて、選んでいるのがわかるとキュンとなる」
  • 好きなタイプやポイントはあれど、実際につき合う人はタイプと異なる人であることが多い。
  • 「声フェチで普段から話しているのに、たまに電話で話す時にいい声だとドキッとすることがある。」
  • 彼氏の浮気は何となく勘づく。そしてケータイを見ると、たいてい後悔する。
  • 質問「彼氏がエロ本やエロ画像を持っていたら?」→全員「全然オッケー」中には一緒に見たいという女子も。
  • 質問「気になる子に彼氏がいるかどうか調べる方法は?」→「指輪をしているかどうか」「土日に何をしているか」「土日の朝ご飯を聞く」(回答から彼氏と過ごしているかどうかの雰囲気を察する)
  • 「結局、気になる子に彼氏がいるかどうかは直接聞くのが一番速い」気になる子の友だちとかに探ってもらっても良いだろうしね。
  • 質問「全然気がない相手から「彼氏いるの?」と聞かれるのはイヤではないか?」→ほぼ全員「全然問題なし」ただし、彼氏がいることを積極的に言いたい人と、あまり言いたくない人はいる。
  • 質問「いい人なんだけど、彼氏にするのはちょっと…という人はいるか?」→「いる。」「色気があるかどうか」
  • 『いい人』というのはある。一緒になりたいとか、ずっと友だちでいたいとか。」「相手と会っている時から終わりを考える。」
  • 質問「色気と母性をくすぐるのは違うもの?」→「似ているけど違う。間違えやすい。」
  • 質問「色気とギャップは違う?」→「全然違う」
  • 「もちろん、色気があってもつき合わない人もいる」
  • 質問「つき合おうかどうしようか迷った人はいる?」→「最後まで可能性を追って、ダメなら振る。第一印象でつき合いたいと思わないとそうしないから」
  • 「幼なじみに告白されたけど、断った。つらかった。すごく仲良かったし、その人には女の面を見せたくなかったから」
  • 質問「1回告白して断られたあと、2回目、3回目はどうか?」→「とりあえず3回までは行こう。1回目に彼氏がいる場合もある。」会場には4回目の告白でつき合えた、という男子もいた。
  • 合コンでは幹事同士の仲が良い場合、似た感覚の男女が集まりやすいので、話も弾みやすい。
  • 質問「ほめて欲しい?」→「いくらでもかわいいとほめて欲しい」「(髪を切った時に)スマートに「髪切ったね」と軽く言ってもらえると嬉しい
  • 「靴はキーポイント」「意外な点、あまり見られていないだろうと思っている所をほめられると嬉しい」
  • 「(誰にでも褒め言葉を)言い慣れている人は「この人慣れているんだな」と思っちゃう」
  • (女子の毎月の体調不良について)「職場では言いづらいから察して欲しい。青白い顔をしている日だったら特に気づいて欲しい」
  • 質問「普段、ご飯とか誘わないキャラだけど、誘っても良いものか?」→「ごはんに誘われるというのは何かあると思うようになった。」「気があるのか、さびしいだけなのか、こっちもわからないので何らかの情報が欲しい」
  • 「ただ単に「ご飯に行かない?」より、「恵比寿に美味しいお店があるんだけど行ってみない?」と、YES / NO で答えやすいセッティングならノリやすい。」
  • 「映画はハードルが高い」「映画は3回目」「食事と一緒で「○○という映画、観に行かない?」というのなら乗りやすい。」
  • 議題「男子もほめられると嬉しいのか」→私的回答「男子もほめられると嬉しいよ!
  • 質問「彼氏にしたい人と、結婚したい人のタイプは変わるか?」→「変わる。」「まだ22歳だけど、結婚する人は「いろんな好き」を経て決まっていくのかな・・・」
  • (結婚したい人かどうかは)その人とのこどもが生まれた後のことをイメージする

とにかく7人7色。好きなタイプも違えば、惹かれるポイントも違う。
これだけでも、好きな女の子をゲットするための「マニュアルなんて存在しない」ということがわかります。
ただ、共通するポイントとして、

  • 細かい気配りができること
  • さりげない優しさや、スマートな振る舞い
  • 1度であきらめない積極性

というのは感じました。
普段から相手や周囲への気配りができており、さりげなくほめたり、スマートな優しさを見せるとグッときやすいようです。また相手を誘う時に、一緒に遊びやすいセッティングをするなども大切です。
もし、可能性がゼロだとわかったら、スパッと諦めて次に行くことも重要。1度振られてヘコんでいるよりは、新しく気になる相手にアプローチする方がうまくいく可能性は高そうです。
女子にとって「この人とは友だちでいたい」という相手もいるとのこと。相手に一方的な気持ちを押し付け続けてイヤな思いをさせるよりは、友だちでいる場合が良いこともあるそうです。
これらを「メンドクセェ」と思ってやらないままでいるか、気になる相手のことを考えて振る舞うようにするかで、結果として大きな差が生まれる、ということでしょう。
面倒くさがって何もしない人には何も生まれず、自然とスマートな振る舞いできる人、精一杯努力して気配りをしている人のことは、ちゃんと女子も見てくれているのだと思います。
今回のイベントは70名のスペースが満席になり、立ち見まで出たとのこと。
第2回も開催予定で、今後は「セックス」や「結婚」など、より具体的なテーマを設けて開催したいとのことでした。
また、次回開催にも参加して、オンナゴコロを知ることができればと思います。
» 男の子の会
» 男の子の会 on Twitter
▼ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた
ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた
「第1回 男の子の会」の映像はこちらでご覧いただけます