今日の東京は暖かいので、上着を脱いでみました。 – CSS Naked day ’08 に参加

CSS Naked Day '08

今日の東京は最高気温が17度ということで、日に日に暖かくなってきました。
ということで、脱ぐにはちょっとまだ早い時期ではありますが、このブログも「CSS Naked Day ’08」に参加して、今日一日はCSSを脱ぐことにしました。

CSS を外すことで改めて、(X)HTMLとCSSのマークアップを見直す

<body>を露わにすること、それを愛するということ | Web標準Blog | ミツエーリンクス』より

この年に一度のイベントは、デザイナーや開発者がWebサイトからすべてのスタイルシートを取り除き、Web標準の一部を成すPOSHという考え方を広めることを意図しています。デザインを脱ぎ去ることで、表現とコンテンツの分離というコンセプトを強く打ち出すことができます。

私は「ここのサイトのデザインはいいな」と思ったとき、ソースを表示してマークアップを見るクセがあります。また、CSSを勉強するときは、CSSファイルも開いて読み込んで勉強しました。
Web Accessibility Toolbar」などを使うことによって、CSSを適用しない状態のウェブページを見ることもできるのですが、このようなイベントを通じて、多くの人にマークアップについて見直す機会が得られるというのはとても良いことだと思います。
2008年3月20日に開催された「CSS Nite in Ginza, Vol.23」にて、大藤幹さんによる『CSS Analysis LIVE!』というセッションがあり、CSSの最新事情についてお話されています。
私は参加できなかったのですが、PDFと音声ファイルが配布されておりましたので、こちらで勉強したいと思います。

「CSS Naked Day ’08」ご参加者