夢をかなえるゾウ


『ウケる技術』やDVD『温厚な上司の怒らせ方』などもヒットしている水野敬也さんの新刊『夢をかなえるゾウ』を読みました。
自分を変えたいと思いながらも変えられない平凡なサラリーマンの前に突然現れたのは、インドの神様「ガネーシャ」。でも、主人公の家に住み着いてはぐうたらと食っちゃ寝してばかり。本当に信用できるのか!?
しかし、ガネーシャはこう言います。『今から自分が出す簡単な課題さえこなしていけば、お前は確実に成功する――。』と。
ガネーシャのどうしようもない振る舞いに耐え、出される課題を嫌々ながらも一つ一つこなしていくことを通じて、主人公は変わっていきます。
内容は自己啓発なのですが『笑えてためになる』という面が強く、あえて小説という分野に位置する書籍だと思いました。そして、これまで買って読んできた自己啓発関係の書籍を全て手放そうと決めました。
この一冊の本に、様々な自己啓発書で書かれていることがまとめられています。また、その一つ一つが面白く、深く、通常とは違った角度で書かれています。
この本に書かれていることも「実行」しなければ意味がありません。ただ、この本に紹介されている方法はどれもすぐに実行可能で、主人公と同じ感覚を得られやすいものばかりです。
これまで読んだ自己啓発書の中には、これほど楽しんで読むことができ、すぐに行動したくなるものはなかったと思います。
「自己啓発書を読むなんて、こっ恥ずかしい」とお思いの方にとって、この本なら気軽に読めるので非常にオススメです。
まずはこの本を手にとって、ガネーシャとサラリーマンの漫才を楽しんでください。