『給食のオバサンだった私が下北沢で自分の店を持ちつつデザイナーで社長をやれている理由』を読んだ

給食のオバサンだった私が下北沢で自分の店を持ちつつデザイナーで社長をやれている理由 / コヤナギユウ
イラストレーターで、デザイナーで、「東京ナイロンガールズ」で「女社長漂流記」というコラムを書かれているとおり 株式会社yours-store の代表取締役でもあるコヤナギユウ( @KoyanagiYu )さんの著書。
タイトルを一目見て買うと決めていました。
発売日は4月15日なのですが、一部書店で先行発売されている聞き、さっそく買って読みました。

「やりたいことを仕事にする」ために「はじめの一歩」を踏み出す

自分が小さいころからやりたかったことを「仕事」にして、生きていくにはどうしたら良いか。
私の周りにも「独立したい!」「起業したい!」という人は多くいます。ですが、大半の人は独立・起業することはありません。
独立・起業したい人たちにとって、最も大切なものは何か。
立派な企業理念を作る。
素晴らしいビジネスモデルを作る。
綿密な事業計画書を作成する。
たしかにそれらも大切です。
なによりも大切なのは『「はじめの一歩」を踏み出すこと』です。
この本では「はじめの一歩」の踏み出し方、そしてコヤナギさんが「はじめの一歩」を踏み出した後に歩まれてきた道が紹介されています。
コヤナギさんの「はじめの一歩」の踏み出し方はとても簡単です。誰でもすぐにできます。
独立したことを他の人に知ってもらうために「作った方が良いもの」も紹介されていますが、それも 1,000 円くらいあれば作れます。(あと、この本を買って読むための代金。)
この本には会社の作り方やビジネスモデルの作り方、小難しい会計などの数字、成功するための秘訣などは書いてありません。
また、よくある「成功までの長く厳しい道のり」とか「成功のために乗り越えてきた幾多もの挫折と失敗」というものもありません。
とても自然で、身近。でも、コヤナギさんの歩みは、独立したい人の大きな支えになってくれることは間違いありません。
独立・起業を考えられている方だけでなく、小さいころからあこがれていたことを仕事にしたいと考えている方も、ぜひ読んでみて、一緒に「はじめの一歩」を踏み出してはいかがでしょうか。
コヤナギさんの言葉が「はじめの一歩」を踏み出す大きな力を与えてくれます。
▼給食のオバサンだった私が下北沢で自分の店を持ちつつデザイナーで社長をやれている理由 / コヤナギユウ
給食のオバサンだった私が下北沢で自分の店を持ちつつデザイナーで社長をやれている理由 / コヤナギユウ
» i live you! (アイ ライブ ユウ)
» yours-store -コンセプトのあるデザインとファッション、通販-
» 女社長漂流記|東京ナイロンガールズ
4月10日(土)に、著者・コヤナギユウさんの先行発売イベント・トークライブ&サイン会が行われます。
場所は渋谷センター街入口にある大盛堂書店3階のイベントスペースにて。入場は無料。16時オープン、16時30分からイベントスタートです。
同書店で書籍も先行発売されていますので、ぜひお店で手に取ってみてください。
» 4月10日渋谷センター街入口「大盛堂書店」3Fにて先行発売&無料のワンマントークイベント! | i live you! (アイ ライブ ユウ)