会計・経営が苦手な私でも理解できたよ! – 『マンガ 餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』を読みました

私はフリーランスとして仕事をしているため、毎年2月-3月は「確定申告」というものにウンウンうなされながら取り組んでいます。

フリーランスも「自営業者」なので、きちんと「会計」「経理」を理解しておく必要性は痛感していながらも、会計・経理の本を読んでもイマイチ理解できないでいました。

そんな中、アイカワさん(ブログ『じだらく』)が『マンガ 餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』を購入され、

その場で即買って、そのまま全部読み終えてしまいました。

マンガとはいえ会計が存在する意味といった本質的なことから、
会計の重要なポイントをおさえてくれており、
会計ほぼ初心者の僕にはとっても読みやすかったです。

と書かれていたのを見て、私も書店にダッシュし即購入、読みました。

会計・経理の初心者には、本当におすすめ!

利益、損益計算書、キャッシュフローなど、言葉で書くとすでに「もうダメ…」と言ってしまいそうな会計・経理関係の用語について、マンガを通じてとてもわかりやすく理解することができます。

また「リストラ」の本質(単に社員を解雇するだけがリストラではない)や、タイトルにもなっている「餃子屋と高級フランス料理店では、どちらが儲かるか?」という課題も自分で考えて、回答できるようになります。

よくあるビジネス書だと「餃子屋と高級フランス料理店を比べるくらいだから、回答は…」って考えがちですが、しっかりと会計・経理の面から考えさせて、理解できるようになったのがこの本の素晴らしいところです。

会計・経理が見えると、会社全体・社会全体が見えてくる

この本は、会計・経理の初級的な本なので、新入社員の人にはぜひ読んでおいて欲しい本です。

会計・経理がわかると、会社の経営状態がわかるようになってきます。さらに勉強を進めることで、社会全体での流れも見えるようになっていくでしょう。

会社は一社だけ動いているのではなく、取引会社、社員、顧客など、多くの法人・個人との取引によって成り立っています。その中で、自分がどのように仕事をしていくか、仕事へ取り組む姿勢も変えるきっかけにもなります。

「会計・経理はイヤッ!」という方ほど、ぜひ一度読んで欲しい本です。

 
▼マンガ 餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?
マンガ 餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?

Pocket
LINEで送る